Doobie Brothers

Original Soundtrack, “No Nukes” (1979)

西海岸系のアーティストによる反原発コンサート。下に示すようなメンツなので、聞かないわけにはいかないアルバム。これは映画にもなって、東京に出たての頃だったろうか、レーザーディスクを上映する渋谷の飲み屋までわざわざ見に行った記憶がある。しかし、選曲のせいだろうか、メンツの割には正直面白くないアルバムだと今になると思う。しいてお勧めするのは The Doobie Brothers with John Hall & James TaylorというメンツでのJohn Hallの名曲、5. “Power”だ。

Woodstock, Bangladesh concert, No Nukes, Live Aid…….ロックで時代が変わると信じてられていた熱気も今は昔。


  DISC 1
  1. Dependin' On You – The Doobie Brothers
  2. Runaway – Bonnie Raitt
  3. Angel From Montgomery – Bonnie Raitt
  4. Plutonium Is Forever – John Hall
  5. Power – The Doobie Brothers with John Hall & James Taylor
  6. The Times They Are A-Changin' – James Taylor, Carly Simon, Graham Nash
  7. Cathedral – Graham Nash
  8. The Crow On The Cradle – Jackson Browne & Graham Nash
  9. Before The Deluge – Jackson Browne
  10. Lotta Love – Nicolette Larson, Doobie Brothers
  11. Little Sister – Ry Cooder
  12. A Woman – Sweet Honey In The Rock
  13. We Almost Lost Detroit – Gil Scott-Heron
  14. Get Together – Jesse Colin Young
DISC 2
  1. You Can't Change That – Raydio
  2. Once You Get Started – Chaka Khan
  3. Captain Jim's Drunken Dream – James Taylor
  4. Honey Don't Leave L.A. – James Taylor
  5. Mockingbird – James Taylor & Carly Simon
  6. Heart Of The Night – Poco
  7. Cry To Me – Tom Petty & The Heartbreakers
  8. Stay – Bruce Springsteen & Jackson Browne & The E Street Band
  9. Devil With The Blue Dress Medley – Bruce Springsteen & The E Street Band
  10. You Don't Have To Cry – Crosby, Stills & Nash
  11. Long Time Gone – Crosby, Stills & Nash
  12. Teach Your Children – Crosby, Stills & Nash
  13. Takin' It To The Streets – The Doobie Brothers & James Taylor
 

Original Soundtrack, “FM” (1978)

FM局を舞台とした映画“FM”のサウンドトラック。映画自体は後世に残るようなものではなかったが、サントラだけはその豪華顔ぶれから生き残っているという作品のようだ。二枚組CDもの。下の通り、「ごめんなさい」と平伏すしかない選曲です。


DISC 1
  1. FM -- Steely Dan
  2. Night Moves -- Bob Seger & The Silver Bullet Band
  3. Fly Like An Eagle -- Steve Miller Band
  4. Cold As Ice -- Foreigner
  5. Breakdown -- Tom Petty & The Heartbreakers
  6. Bad Man -- Randy Meisner
  7. Life In The Fast Lane -- The Eagles
  8. Do It Again -- Steely Dan
  9. Lido Shuffle -- Boz Scaggs
  10. More Than A Feeling -- Boston
DISC 2
  1. Tumbling Dice -- Linda Ronstadt
  2. Poor Poor Pitiful Me -- Linda Ronstadt
  3. Livingston Saturday Night -- Jimmy Buffett
  4. There's A Place In The World For A Gambler -- Dan Fogelberg
  5. Just The Way You Are -- Billy Joel
  6. It Keeps You Runnin' The -- Doobie Brothers
  7. Your Smiling Face -- James Taylor
  8. Life's Been Good -- Joe Walsh
  9. We Will Rock You -- Queen
  10. FM Reprise -- Steely Dan

The Doobie Brothers, “Minute By Minute” (1978)

The Eaglesと共に70年代後半のウエストコーストシーンの双璧をなしたグループ。これは後期作品で、Steely Dan流れのMicheal McDonald色の強いアルバムだ。2. “What A Fool Believes”が傑出した名曲。このコーラスワークは、本当にすごい。タイトル曲である3. “Minute By Minute”もやはりすごい。10, “How Do The Fools Survive?”もいいねえ。音が初期Doobieほど単純ではなく、ちょっと難しいところはあるかもしれないが、AORの名盤と捉えておけばよいでしょうか。


  1. Here To Love You
  2. What A Fool Believes
  3. Minute By Minute
  4. Dependin' On You
  5. Don't Stop To Watch The Wheels
  6. Open Your Eyes
  7. Sweet Feelin'
  8. Steamer Lane Breakdown
  9. You Never Change
  10. How Do The Fools Survive?

The Doobie Brothers, “The Captain And Me” (1973)

大学時代、Eaglesは死ぬほど聴いていたが、Doobieはさっぱり。デビュー盤であるこの一枚を聞いて、単なる食わず嫌いだったことを思い知らされる。おそらく、洋楽を聴き始めた頃は、Micheal McDonaldのソロが非常に売れていた頃で、(後期の)ちょっとむずかしめのサウンド=Doobieっていう思い込みがあったのだと思う。この一枚をツタヤで借りてきたのだが、失われた20年を呪うような内容だった。

2.“Long Train Runnin'”、ひたすらギターが格好いいねえ。3.“China Grove”も言わずと知れた名曲だ。5.“Clear As The Driven Snow”みたいな、いかにも西海岸って音もいいなあ。こういう曲があることを知っていれば、見方はすっかり変わっていたはずなのだ。タイトル曲である10. “The Captain And Me”のコーラスワークも、教科書的な三度コーラスながらすごいなあ。Eaglesが「コーラスではDoobieに絶対勝てない」と思っていたというのが納得できる。


  1. Natural Thing
  2. Long Train Runnin'
  3. China Grove
  4. Dark Eyed Cajun Woman
  5. Clear As The Driven Snow
  6. Without You
  7. South City Midnight Lady
  8. Evil Woman
  9. Busted Down Around O'Connelly Corners
  10. Ukiah
  11. The Captain And Me

メニュー