Michelle Branch

Michelle Branch, “hotel paper” (2003)

ちょっと大人になったな、とまずは感じる彼女の二枚目。2003.7.12付けのBillboardアルバムチャートでは初登場2位を記録。“are you happy now?”“find your way back”とハードめのポップロックから始まる。このあたりの曲はシングルカットされて、それなりに売れるだろうと思う。(ちなみに、1st singleの“are you happy now”は7週目で25位)。

アコースティックな“desparately”、ミディアムテンポの“tuesday morning”“where are you now”、pop色の強い“breathe”あたりが、わたし的にはお勧め。Sheryl Crowが参加した“love me like that”も良い。

普通、アルバムの前半がしっくり来て、後半はいまいちというパターンが多いのだが、このアルバムに対する私の印象は全く逆だ。レコード会社がプッシュする路線と違う部分を私が気にいっている、ということなのだろうな。


  1. Believe In It
  2. Intro
  3. Are You Happy Now?
  4. Find Your Way Back
  5. Empty Handed
  6. Tuesday Morning
  7. One of These Days
  8. Love Me Like That
  9. Desperately
  10. Breathe
  11. Where Are You Now?
  12. Hotel Paper
  13. Til' I Get Over You
  14. It's You

Michelle Branch, “The spirit room” (2001)

1983年生まれ、18歳でのデビューは鮮烈だった。私がかつて住んだArizona州PhoenixからGrand Canyonへ北上していくと、Flagstafという小さな街を通る。route 66が通過する、のどかで綺麗な田舎町なのだが、彼女はそこの出身だと言う。あの町からこういう人が出てくるのかと、ちょっと驚きだ。

このアルバムはよく売れた。なかなかハードな“everywhere”が一曲目なのだが、私が気に入っているのは二曲目から続く“you get me”“All you wanted”“you set me free”“something to sleep to”のあたりだ。心地よいアメリカンロックが続く。一転してロックバラード調の“goodbye to you”(10曲目)も、かなりいい仕上がりである。


  1. Everywhere
  2. You Get Me
  3. All You Wanted
  4. You Set Me Free
  5. Something To Sleep To
  6. Here With Me
  7. Sweet Misery
  8. If Only She Knew
  9. I'd Rather Be In Love
  10. Goodbye To You
  11. Drop In The Ocean
  12. All You Wanted [Unplugged Version]

メニュー