その他の地域系

Corrinne May, “Beautiful Seed” (2007)

とても好きな歌い手さんの最新盤。発売後一年経って気付くなんて、いかに情報収集をさぼってるかってことですね。

さて本作ですが、どうにも突き抜けきらない感じがあります。いつものCorrinne Mayのように聴こえるのですが、「この曲はすごい!」という感じの曲がないのです。ひとつには使っている音域の問題があるような気がします。彼女は中音域での声質が素晴らしい人ですが、ちらっと織り込む高音域のフレーズが非常にアクセントとして効くのです。しかし、今作は中低音域に大半のフレーズが収まってしまっているので、いささか退屈に響くのかも。あとはピアノ弾き語りに近い形の方がいい気がします。オーケストレーションが厚過ぎるんじゃないかな。

2.“Shelter”, 12.“On my way”あたりは、まあまあいいかな、と思います。


  1. Love Song For #1
  2. Shelter
  3. On The Side Of Me
  4. Five Loaves And Two Fishes
  5. Beautiful Seed
  6. Leaving
  7. Scars (Stronger For Life)
  8. City Of Angels
  9. My Little Nephew
  10. Slow Down
  11. Green-Eyed Monster
  12. On My Way
  13. 33
  14. Shelter (Cherry Blossom Edition)
  15. Little Superhero Girl (Acoustic Edition)

Corrinne May, “Safe in a crazy world” (2005)

バラード漬けだった前作とはちょっと違った一枚。1. “Little Superhero girl”は、本国シンガポールをはじめ、東南アジアでヒットしている様子。幼児向けTV番組にヒントを得た曲らしいのだが、楽しげですね。2. “Save me”は、心の内のちょっとどろっとしたところを出した作品だろうか。最近結婚したとのことで、こういう部分を上手く出せるようになったのかもしれない。

タイトル曲の5. “Safe in a crazy world”もストリングが乗ってくるピアノ弾き語り曲。自分の世界にしっかり引き込んでくれる。7. “Angel in disguise”もそうだが、アルペジオを多用するようになったのは、Vannessa Carltonの”A thousand miles”のヒットの影響なのだろうか?9. “The birthday song”もいい曲だ。

さて、このアルバムの一番の当たりは3. “Free”Beth Nielsen Chapmanっぽさも感じるが、音の処理の洗練された感じはこの人に軍配があがりそう。さすが。11として、別バージョンも含まれている。

このアルバムも外れがない。前作のインパクトにはやや劣るかもしれないが、音に幅を広げた点を見るべきと思う。私としては、2006年上期ベストの一枚です。地道に全米を回っていたりもするので、メジャーになってほしいですね。


  1. Little Superhero Girl
  2. Save Me
  3. Free
  4. Everything In Its Time
  5. Safe In A Crazy World
  6. Let It Go
  7. Angel In Disguise
  8. If I Kissed You
  9. The Birthday Song
  10. Every Beat Of My Heart
  11. Free (Radio Edit)
  12. (They Long to Be) Close to You

Corrinne May, “Fly away” (2002)

とにかく素晴らしい作品。ピアノ弾き語りをメインとするシンガポール出身の女性SSWで、声質と曲がひたすらに美しいのだ。この作品は2002年の発表で、当時日本でも発売になったが、私は気づいていなかった。最近二作目の日本発売に伴って取り扱い先を変えての再発売となったのでこの作品に出会ったが、知らずに過ごした4年間を悔やんでしまう。Carole King的な王道を行く人だとのコメントを多く見かけるが、最近の人では誰に一番近いだろうかと考えると、Beth Nielsen Chapmanではないかと思う。声質でふっと思い出したのは宇多田ヒカル、高めの声域でちょっと似ていることがある。

一番はまってしまった曲が10. “Will you remember me”だ。ありがちな美しいスローバラードっぽいのだが、コード進行と曲の展開に仕掛けがたくさんある。曲の頭から、ピアノ+シンセで薄いながらも広がりを感じさせる音世界をまず作る。声質にとにかく引き込まれてしまう。局の後半が圧巻。思わぬタイミングで、テンションのかかったコードがぽんと入ってくる(augumentかな?)。最後の”will you remember me? remember”とひたすら続くリフレインがものすごい。これのどこがすごいの?と思う人が多いだろうというのは想像つくのだが、おそらくこれは80年代初頭を体験した人間の郷愁に訴えかけてくるものがあるからだろう。

タイトル曲の1. “Fly away”も、ものすごい曲だ。ピアノ一本でじっくり最後まで聞かせきるバラード。上と違って音に仕掛けはないんだけど、声質と歌唱力を堪能すべし。高音域まで、力むことなくきれいに出し切れるこの人は、いったい何者なのでしょう?“2. Same side of the moon”は、生ギター+シンセがバックの曲。聴かせてくれます。5. “If you didn’t love me”, 9. “Walk away”, 11. “Journey”もいいピアノバラードだ。全部は書ききれないが、外れ曲がないアルバムで、「明かりを落とした部屋で、正座してスピーカーに対峙して聞きましょう。」とそう言いたくなる一枚。

しいて難を言えば、きれいすぎる、あぶないところがない、ということだろうか。音自体に、どこかとげとげしたところとか、どろどろしたところが、まったく感じられないのだ(歌詞はそうでもないかも)。ソングライターとしては、Joni MitchellとかRickie Lee Jonesの域には達しないな、と感じるところはそういうところに原因がありそうだ。決して批判してる訳ではないのだ。私の場合、この二人と比べてしまいたくなる女性シンガーなんて、滅多にいない。どうしても比べたくなってしまう、という時点で、私にとっては凄い人なのです。


  1. Fly Away
  2. Same Side of the Moon
  3. Something About You
  4. Fall To Fly
  5. If You Didn't Love Me
  6. Stay On the Road
  7. Mr. Beasley
  8. All That I Need
  9. Walk Away
  10. Will You Remember Me
  11. Journey
  12. Mr. Beasley (unplugged)

Ana Martins, “Linda” (2001)

勉強しようと思いつつ全く追いついていかないボサノバ。そんな私にも、この一枚は一味違うとわかる。バックアップミュージシャンのテクニックによるところが大きいのだと思うが、「すごい音を聞かされている」って思いに囚われるのだ。3. “Tardes Cariocas”, 4. “Ninho De Vespa”あたりが特に強烈で印象に残る。かと思うと、4. “Bewitched [Encantada]”や、11. “Saudade Fez Um Samba”は、肩の力が抜けたいい曲。夏の昼下がり向きだ。


  1. O Tal De Samba
  2. Berimbau
  3. Tardes Cariocas
  4. Ninho De Vespa
  5. Bewitched [Encantada]
  6. Pra Que Discutir Com Madame?
  7. Linda
  8. Alegre Menina - Porto
  9. Amoe Certinho
  10. Caminhos Cruzados
  11. Saudade Fez Um Samba
  12. Correnteza

Noa, “Calling”(1996)

私は好きになれなかった。PMGの面子の参加はなく、音は一気にハードになってしまった。


  1. U.N.I.
  2. Too Proud
  3. By The Light Of The Moon
  4. Lama
  5. Space
  6. Too Painful
  7. Calling Home
  8. Mark Of Cain
  9. All Is Well
  10. Camilla
  11. Manhattan - Tel Aviv
  12. Cascading
  13. Savior

Noa, “Noa” (1994)

Pat Methenyが自らのプロダクションからデビューさせたイスラエル出身のシンガーNoa。ファーストのプロデュースを、Pat自身が手がける。何曲かはPat Metheny Groupがバックで演っている。Noaのバックグラウンドである中東の音と、アメリカンサウンドの調和が素晴らしい一枚。

Patの直接参加はバックボーカル(!)での一曲のみであるが、Lyle MaysのKeyboardが初期のPMGを思い起こさせる、素晴らしく優しい音に仕上がりっている。私のおすすめは2. “Wildflower”, 7. “Lady Night”, 9. “It’s Obvious”である。Noaの歌と、Lyle Maysのピアノ・シンセのからみがめちゃくちゃ泣けるのだ。特に初期PMGファンは必聴。

上の3曲のほかにも、10. “Desire”もおすすめ。


  1. I Don't Know
  2. Wildflower
  3. Mishaela
  4. Path To Follow
  5. Child Of Man
  6. Eye Opener
  7. Lady Night
  8. Uri
  9. It's Obvious
  10. Desire
  11. Ave Maria

Noa東京公演@天王洲アイル・アートスフェア(1994秋)

1994年秋に天王洲アイルでのライブに行った。ライブでは、ギターと二人だけのアコースティック編成だったが、リズムが全然CDとは違っていたのに、多少面食らった。おそらく、この日に聞かれたリズムが彼女本来のリズムなのであって、CDの方ではPat Metheny Groupのリズムの枠の中にはめられてしまっていたということなのだろうと思う。



Fleetwood Mac, “Mirage” (1982)

言うまでもなくスーパースター揃いのバンドだが、Christine McVieとStevie Nicksの二人の名女性ボーカリストを抱えていた。(何度も書いているが)1982年というのは私にとっての洋楽元年であり、”Best Hit USA”で盛んに見たこのアルバムからのヒット曲のビデオクリップは忘れがたいものがある。

私が好きだったのは、実は女性ボーカリストものではない9. “Hold Me”だ。このピアノのイントロと、さびのコーラスは何とも言えないなあ。大ヒットとなったのは、Stevie Nicksがリードを取った5. “Gypsy”。でも、今となっていいなあと思えるのは、Christine McVieがリードを取った6. “Only Over You”だったりする。


  1. Love In Store
  2. Can't Go Back
  3. That's Alright
  4. Book Of Love
  5. Gypsy
  6. Only Over You
  7. Empire State
  8. Straight Back
  9. Hold Me
  10. Oh Diane
  11. Eyes Of The World
  12. Wish You Were Here

メニュー