Ivy

Ivy, “In the clear” (2005)

5作目。ジャケットは飛行機の窓、タイトルと相まって面白い。いつのまにか、ギターサウンドへ回帰している。2. “Thinking About You”, 4. “Tess Don’t Tell”, 6. “Corners Of Your Mind”あたりのギターサウンドの疾走感と、へなへなしたボーカルのアンバランス感はThe Cardigansを彷彿させて面白い。一方で、9. “Ocean City Girl”, 10. “Feel So Free”あたりのスローな曲も結構良いのです。


  1. Nothing But The Sky
  2. Thinking About You
  3. Keep Moving
  4. Tess Don't Tell
  5. Four In The Morning
  6. Corners Of Your Mind
  7. Clear My Head
  8. I've Got You Memorized
  9. Ocean City Girl
  10. Feel So Free

Ivy, “Long Distance” (2000)

3年のブランクを経ての三作目。アレンジが”ApartmentLife”のあたりとは少し変わり、ギターは奥に引っ込んだ。ある種Swing out sisterっぽくなったかも。おしゃれ系ポップスですかね。邦楽で言えば、The Indigoのような音といえばいいだろうか。アメリカでの発売は2001年で、日本では2000年に先行発売されたようだ。

気になる曲は、3. “Edge Of The Ocean”, 6. “Lucy Doesn’t Love You”, 9.“Midnight Sun”のあたり。4. “Blame It On Yourself”, 13. “Digging Your Scene”あたりの、前作っぽいギターサウンドも良い。


  1. Undertow
  2. Disappointed
  3. Edge Of The Ocean
  4. Blame It On Yourself
  5. While We're In Love
  6. Lucy Doesn't Love You
  7. Worry About You
  8. Let's Stay Inside
  9. Midnight Sun
  10. I Think Of You
  11. Hideaway
  12. One More Last Kiss
  13. Digging Your Scene
  14. It's All In Your MInd

Ivy, “ApartmentLife” (1997)

IvyはNYCを根城とするバンドで、これはそのIvyの二枚目。いいギターポップバンドだと思う。ボーカルのDominique DurandはパリからNYCへ語学留学中にバンドに合流したそうな。決して上手いボーカリストではないが、サウンドとはよくマッチしている。

1. “The Best Thing”とか、4. “I Get The Message”あたりはThe Cardigansあたりのスカンジナビアン・ポップロックと共通の匂いがする私好みの音。9. “Get Out Of The City”あたりの疾走感は、(ボーカルの線はJennie Medinと比べると圧倒的に細いけれど)むしろCloudberry Jamっぽいかな。


  1. The Best Thing
  2. Ive Got A Feeling
  3. This Is The Day
  4. Never Do That Again
  5. I Get The Message
  6. Baker
  7. You Don't Know Anything
  8. Ba Ba Ba
  9. Get Out Of The City
  10. These Are The Things About You
  11. Quick Painless & Easy
  12. Back In Our Town

メニュー