Norah Jones

Norah Jones. “Not too late” (2007)

Norah Jonesの三作目。売れているようだが、どうにも私にとってはつまらない作品。なぜそう感じてしまうかと言えば、アメリカンルーツミュージックに寄り過ぎて、ジャズっぽさが薄れたのが原因じゃないかと思う。“Thinking about you”はいい曲だと思うが、オリジナルだというのに、どうも誰かの(The Bandあたりかな?)カバーのような気がしてしまうのだよね。


  1. Wish I Could
  2. Sinkin' Soon
  3. The Sun Doesn't Like You
  4. Until The End
  5. Not My Friend
  6. Thinking About You
  7. Broken
  8. My Dear Country
  9. Wake Me Up
  10. Be My Somebody
  11. Little Room
  12. Rosie's Lullaby
  13. Not Too Late

Norah Jones. “come away with me”(2002)

実にアメリカらしいシンガーソングライターだと言えるだろう。ピアノの弾き語りがかっこよく、どことなくSiljeっぽいのかな。二曲目の“Seven Years”は生ギター一本のバックから始まるのだが、これもいい曲だなあ。四曲目の“Feelin’ the same way”もいい感じの曲だ。10曲目の“Painter’s song”はジャズっぽい曲でこれもいいな。12曲目の“Nightingale”は、このアルバムでは数少ない自作曲だけど、これもいい感じなので、次作は自作曲を増やしてみてほしい。13曲目の“The long day is over”もさりげなく虚無的な歌詞がなかなか良い。


  1. Don't Know Why
  2. Seven Years
  3. Cold Cold Heart
  4. Feelin' The Same Way
  5. Come Away With Me
  6. Shoot The Moon
  7. Turn Me On
  8. Lonestar
  9. I've Got To See You Again
  10. Painter Song
  11. One Flight Down
  12. Nightingale
  13. The Long Day Is Over
  14. The Nearness Of You

メニュー