Norah Jones. “Not too late” (2007)

Norah Jonesの三作目。売れているようだが、どうにも私にとってはつまらない作品。なぜそう感じてしまうかと言えば、アメリカンルーツミュージックに寄り過ぎて、ジャズっぽさが薄れたのが原因じゃないかと思う。“Thinking about you”はいい曲だと思うが、オリジナルだというのに、どうも誰かの(The Bandあたりかな?)カバーのような気がしてしまうのだよね。

  1. Wish I Could
  2. Sinkin' Soon
  3. The Sun Doesn't Like You
  4. Until The End
  5. Not My Friend
  6. Thinking About You
  7. Broken
  8. My Dear Country
  9. Wake Me Up
  10. Be My Somebody
  11. Little Room
  12. Rosie's Lullaby
  13. Not Too Late

コメントを残す


− 四 = 0


*

メニュー