Jackson Browne

Original soundtrack, “Fast times at Ridgemont high” (1982)

邦題が「初体験リッチモントハイ」というB級青春映画のサントラ。フィービーケイツが脱いでいたなあ。でも、このサントラの面子はすごいのだ。Don Felder, Don Henley, Timothy B. Schmidt, Joe WalshのEagles勢(解散直後だったのだ), The Go-Go’s, Stevie Nicks, Donna Summer, Sammy Hager(のちに Van Halenに参加)と、そうそうたる顔ぶれ。

そんな中で、Jackson Browneの“Somebody’s baby”はシングルカットされ、Radio & Recordsのチャート(テレ朝系”Best Hit USA”で採用されていた)ではトップを獲得した。なんともJacksonらしからぬ軽薄な歌詞・メロディーなのだが、好きなんだなあ。最初にテレビを通じて見た「動くJackson Browne」だったから。大学受験直前の冬のことでした。

 


  1. Somebody's Baby -- Jackson Browne
  2. Waffle Stomp --Joe Walsh
  3. Love Rules --Don Henley
  4. Uptown Boys --Louise Goffin
  5. So Much In Love --Timothy B. Schmit
  6. Raised On The Radio --Ravyns
  7. The Look In Your Eyes -- Gerard McMahon
  8. Speeding -- The Go-Go's
  9. Don't Be Lonely -- Quarterflash
  10. Never Surrender -- Don Felder
  11. Fast Times (The Best Years Of Our Lives) -- Billy Squier
  12. Fast Times At Ridgemont High -- Sammy Hagar
  13. I Don't Know (Spicoli's Theme) -- Jimmy Buffett
  14. Love Is The Reason -- Graham Nash
  15. I'll Leave It Up To You -- Poco
  16. Highway Runner -- Donna Summer
  17. Sleeping Angel -- Stevie Nicks
  18. She's My Baby (And She's Outta Control) -- Palmer/Jost
  19. Goodbye, Goodbye -- Oingo Boingo

Jackson Browne, “Hold out” (1980)

Jacksonにとって初となるビルボード1位獲得アルバム。私の大学一年の二学期は、もうこのアルバムにどっぷり、という時期で、忘れがたいアルバム。このアルバムがわかるようになった、ということが、自分にとってはちょっと大人になった、ということを意味する出来事だったように思う。

“hold out”のピアノとハモンドの絡むイントロから泣ける。“Boulevard”、単純ながらとてもかっこよいイントロから、上質のロックンロールへと流れ込んでいく。“Call ir a loan”のDavid Lindleyのギターも泣ける。また歌がいいのだ。そして、ピアノのイントロから始まる“Hold on Hold out”のかっこよさは、筆舌に尽くしがたい。

とにかく、色々なことが思い出され、キーボードを打つ手が止まってしまう、そういう一枚。音楽を聴くということは非常に個人的なことであって、他の人にはどうでもいい、どうにもわからない、と言っても、本人がいかんともし難い重みを感じてしまう一枚があったりするわけだな。

 


  1. Disco Apocalypse
  2. Hold Out
  3. That Girl Could Sing
  4. Boulevard
  5. Of Missing Persons
  6. Call it a Loan
  7. Hold on Hold Out

Original Soundtrack, “No Nukes” (1979)

西海岸系のアーティストによる反原発コンサート。下に示すようなメンツなので、聞かないわけにはいかないアルバム。これは映画にもなって、東京に出たての頃だったろうか、レーザーディスクを上映する渋谷の飲み屋までわざわざ見に行った記憶がある。しかし、選曲のせいだろうか、メンツの割には正直面白くないアルバムだと今になると思う。しいてお勧めするのは The Doobie Brothers with John Hall & James TaylorというメンツでのJohn Hallの名曲、5. “Power”だ。

Woodstock, Bangladesh concert, No Nukes, Live Aid…….ロックで時代が変わると信じてられていた熱気も今は昔。


  DISC 1
  1. Dependin' On You – The Doobie Brothers
  2. Runaway – Bonnie Raitt
  3. Angel From Montgomery – Bonnie Raitt
  4. Plutonium Is Forever – John Hall
  5. Power – The Doobie Brothers with John Hall & James Taylor
  6. The Times They Are A-Changin' – James Taylor, Carly Simon, Graham Nash
  7. Cathedral – Graham Nash
  8. The Crow On The Cradle – Jackson Browne & Graham Nash
  9. Before The Deluge – Jackson Browne
  10. Lotta Love – Nicolette Larson, Doobie Brothers
  11. Little Sister – Ry Cooder
  12. A Woman – Sweet Honey In The Rock
  13. We Almost Lost Detroit – Gil Scott-Heron
  14. Get Together – Jesse Colin Young
DISC 2
  1. You Can't Change That – Raydio
  2. Once You Get Started – Chaka Khan
  3. Captain Jim's Drunken Dream – James Taylor
  4. Honey Don't Leave L.A. – James Taylor
  5. Mockingbird – James Taylor & Carly Simon
  6. Heart Of The Night – Poco
  7. Cry To Me – Tom Petty & The Heartbreakers
  8. Stay – Bruce Springsteen & Jackson Browne & The E Street Band
  9. Devil With The Blue Dress Medley – Bruce Springsteen & The E Street Band
  10. You Don't Have To Cry – Crosby, Stills & Nash
  11. Long Time Gone – Crosby, Stills & Nash
  12. Teach Your Children – Crosby, Stills & Nash
  13. Takin' It To The Streets – The Doobie Brothers & James Taylor
 

Jackson Browne, “Running on empty” (1977)

ライブ収録が多いのだが、ライブ盤と言うよりは、ロードムービーの音楽版という感じだろうか。タイトル自体は、車のガスタンクが殆ど空の状態で家とスタジオを往復していた、というところから来ているらしい。

表題曲の“Running on empty”から涙ものなのだ。ピアノでロック弾き語るのが、なんともいえずカッコいいのだ。“The road”もDavid Lindreyが泣かせてくれる。“The load out”のJacksonとDavidの絡みも、ずっしり重い。と思っている間に音がだんだん厚くなってきて“Stay”へ流れ込んでいくのだ。Rosemary Butler(「幻魔大戦」のテーマ曲を歌っていた)の絶叫もすごい。


  1. Running On Empty
  2. The Road
  3. Rosie
  4. You Love The Thunder
  5. Cocaine
  6. Shaky Town
  7. Love Needs A Heart
  8. Nothin' But Time
  9. The Load-Out
  10. Stay

Jackson Browne, “For everyman” (1973)

Jackson Browneの二枚目にして、初期の最高傑作。本作に加わったDavid Lindleyは、以降JBの作品に欠かせないキーパーソンとなる。アルバムは、The Eaglesのヒットとして知られる1.“Take it easy”から始まる。ドラムが16ビートを刻んでいるところ、David Lindleyのスライドギターが効果的に使われているところが、がイーグルスバージョンとの大きな違いか。4. “I though I was a child”もSSWとしての本領を発揮した名曲。5. “These days”はJBの曲の中でも最も好きな曲の一つ。最初に触れたのは、New Grass Revivalによるカバーバージョンでしたが。6. “Redneck friend”はあまり好きな曲ではないが、キーボードがElton Johnだってのが特記事項。9. “Sing my songs to me”も佳曲。タイトル曲でもある10. “For everyman”は、David Crosbyへのメッセージとして書かれた曲。everymanは「どこにでもいる当たり前の人」と訳すらしい。「この場に踏み止まり生きていく」ことを、内向きな表現ながら、強い社会的メッセージを発した曲だそうだ。


  1. Take It Easy
  2. Our Lady Of The Well
  3. Colors Of The Sun
  4. I Thought I Was A Child
  5. These Days
  6. Redneck Friend
  7. The Times You've Come
  8. Ready Or Not
  9. Sing My Songs To Me
  10. For Everyman

Jackson Browne, “Saturate before using” (1972)

衝撃のファーストアルバム。 一番ヒットしたのは4. “Doctor my eyes”。ワタシ的には、2. “A Child In These Hills”、5.”From Silver Lake”あたりが好き。

しかし、なんと言ってもJBが天才たる所以は、デビューアルバムの冒頭に1. “Jamaica say you will”はを持ってきてしまえるところだと思う。ピアノ弾き語りで始まる曲だが、この曲が気にいって何十回と聞いていると、三番からかぶってくる裏でかすかに聞こえているアコースティックギターのバッキングがふっと気になりだす。ピ アノ・ベース・ドラムで十分厚い音の中、ふっと聞こえてくるアルペジオは、 明らかにフラットピックでつま弾かれたものであり、「クロスピッキング」と いう単語が頭をよぎる。気になりだすといろいろな発見があるもので、 何やらベースランのような音も聞こえて、しかも全部ダウンピッキングでたたきつけているようだ。ちょっと弦がびびり気味で、特に4弦開放のDの音で顕著。妙にシンコペートしたところも耳につく。これはあの人ではないか?そう思って 聞いてみると、決め手がある。二音同時にピックではなく指で引っかけているような音が聞こえるフレーズ。この奏法は、 Muleskinnerの”Dark Hollow”の中でも聞かれたやつである。

そう。この曲のバックのアコースティックギターは、ひそかにClanrence White。The Byrdsが”Byrdmaniax”でも取り上げています。

 


  1. Jamaica Say You Will
  2. A Child In These Hills
  3. Song For Adam
  4. Doctor My Eyes
  5. From Silver Lake
  6. Something Fine
  7. Under The Falling Sky
  8. Looking Into You
  9. Rock Me On The Water
  10. My Opening Farewell

メニュー