CSN&Y

Complete Set “CSN” (1991)

すべてのアルバムに深ーい思い入れがある割には、CDへの買い替えが進まないのはこのセットを購入してしまったからなのだ。CSN(&Y)の大部分の作品と、ソロ作などがてんこもりのお買い得品。これを買わずして、というセットである。

実はCSN&Yには”Human Highway”という「幻の一枚」がある。1974年にレコーディングが完了し、ハワイでジャケットの撮影までしたのに、結局発売が流れてしまったアルバムだ。Crosbyをして、「あの一枚に比べたら、”Déjà vu”なんてがきのお遊びみたいなもの」と言わせしめた作品らしい。噂には聞いていたが、別テイクがその後のCSN(1977)やCrosby and Nashのアルバムに収録されたり、一曲だけがNeil Youngのソロ作に流出した以外は、闇に葬られていた。が、このコンプリートセットには、その「蔵出し音源」が収録されているところが聴き所。このセットについているリーフレットには、その使われなかったカバーフォトが載っている。

たとえばdisc3の“See the changes”は、四人がクレジットされており”CSN”(1977)に収録されたのとは異なるバージョン。私がCSN&Yの作品として一番好きなのが、このアルバムだけに収録されている“Homeward through the haze”なのだ。Crosbyの作品なのだけれど、なんとも形容しがたく良いのだなあ。コーラスばりばりって曲ではないのだけれど、Crosbyの楽曲の力はやはりすごい。“Taken at all”も、Crosby and Nashのアルバムに収録された曲だが、StillsとYoungが参加した別テイクが収録されている。素晴らしい出来。

 


DISC 1
  1. Suite: Judy Blue Eyes -- Crosby, Stills & Nash
  2. Helplessly Hoping -- Crosby, Stills, Nash & Young
  3. You Don't Have To Cry -- Crosby, Stills & Nash
  4. Wooden Ships -- Crosby, Stills & Nash
  5. Guinnevere -- David Crosby
  6. Marrakesh Express -- Crosby, Stills & Nash
  7. Long Time Gone -- Crosby, Stills & Nash
  8. Blackbird -- Crosby, Stills & Nash
  9. Lady Of The Island -- Crosby, Stills & Nash
  10. Song With No Words -- Crosby & Nash
  11. Almost Cut My Hair -- Crosby, Stills, Nash & Young
  12. Teach Your Children Well -- Crosby, Stills, Nash & Young
  13. Horses Through A Rainstorm -- Crosby, Stills, Nash & Young
  14. Deja Vu -- Crosby, Stills, Nash & Young
  15. Helpless -- Crosby, Stills, Nash & Young
  16. 4 + 20 -- Crosby, Stills, Nash & Young
  17. Laughing -- David Crosby
  18. Carry On -- Crosby, Stills, Nash & Young
DISC 2
  1. Woodstock -- Crosby, Stills & Nash
  2. Ohio -- Crosby, Stills & Nash
  3. Love The One You're With -- Stephen Stills
  4. Our House -- Crosby, Stills & Nash
  5. Old Times Good Times -- Stephen Stills
  6. The Lee Shore -- Crosby, Stills & Nash
  7. Music Is Love -- David Crosby
  8. I'd Swear There Was Somebody Here -- David Crosby
  9. Man In The Mirror -- Crosby, Stills & Nash
  10. Black Queen -- Crosby, Stills & Nash
  11. Military Madness -- Graham Nash
  12. Urge For Going -- Crosby, Stills & Nash
  13. I Used To Be A King -- Graham Nash
  14. Simple Man -- Graham Nash
  15. Southbound Train -- Crosby, Stills & Nash
  16. Change Partners -- Stephen Stills
  17. My Love Is A Gentle Thing -- Stephen Stills
  18. Word Game -- Stephen Stills
  19. Johnny's Garden -- Stephen Stills & Manassas
  20. So Begins The Task -- Stephen Stills & Manassas
  21. Turn Back The Pages -- Stephen Stills
DISC 3
  1. See The Changes -- Crosby, Stills, Nash & Young
  2. It Doesn't Matter -- Stephen Stills & Manassas
  3. Immigration Man -- Crosby & Nash
  4. Chicago We Can Change The World -- Graham Nash
  5. Homeward Through The Haze -- Crosby, Stills, Nash & Young
  6. Where Will I Be? -- Crosby & Nash
  7. Page 43 -- Crosby & Nash
  8. Carry Me -- Crosby & Nash
  9. Cowboy Of Dreams -- Crosby & Nash
  10. Bittersweet -- Crosby & Nash
  11. To The Last Whale... -- Crosby & Nash
  12. Prison Song -- Graham Nash
  13. Another Sleep Song -- Graham Nash
  14. Taken At All -- Crosby, Stills, Nash & Young
  15. In My Dreams -- Crosby, Stills & Nash
  16. Just A Song Before I Go -- Crosby, Stills & Nash
  17. Shadow Captain -- Crosby, Stills & Nash
  18. Dark Star -- Crosby, Stills & Nash
  19. Cathedral -- Crosby, Stills & Nash
DISC 4
  1. Wasted On The Way -- Crosby, Stills & Nash
  2. Barrel Of Pain (Half Life) -- Graham Nash
  3. Southern Cross -- Crosby, Stills & Nash
  4. Daylight Again: Daylight Again/Find The Cost Of Freedom -- Crosby, Stills & Nash
  5. Thoroughfare Gap -- Stephen Stills
  6. Wild Tales -- Graham Nash
  7. Dear Mr. Fantasy -- Graham Nash & Steven Stills
  8. Cold Rain -- Crosby, Stills & Nash
  9. Got It Made -- Crosby, Stills & Nash
  10. Tracks In The Dust -- David Crosby
  11. As I Come Of Age -- Crosby, Stills & Nash
  12. 50/50 -- Stephen Stills
  13. Drive My Car -- David Crosby
  14. Delta -- Crosby, Stills & Nash
  15. Soldiers Of Pain -- Crosby, Stills, Nash & Young
  16. Yours And Mine -- Crosby, Stills & Nash
  17. Haven't We Lost Enough -- Crosby, Stills & Nash
  18. After The Dolphin -- Crosby, Stills & Nash
  19. Find The Cost Of Freedom -- Crosby, Stills, Nash & Young

Crosby, Stills and Nash東京公演@NHKホール(1991/4/22)、東京厚生年金会館(1991/4/25)

1981年にCSNを聴き始めてからちょうど10年。来日が決まったときは狂喜乱舞しました。東京公演を二日見に行ったのだが、一日目はStillsの調子がいまいち、二日目は絶好調と波の激しさを見せていた、しかし、とにかく素晴らしかった。「聴く人」としての原点を、そして音楽からは切り離されて存在できない自分の在り方を確認した二日間。ライブで物販にほとんど手を出さないワタシですが、このときのリーフレットは手元にあります。



David Crosby, “Oh, Yes I can” (1989)

CSN&Yといえば、Neil YoungとかStephen Stillsのカラーが好きな人が多いのでしょうが、ワタシとしてはどうにもCrosbyが気になります。それは”Guinnevere”であったり、”Deja Vu”であったりという、幻想的な曲調によるものです。

しかし80年代のCrosbyは銃と麻薬で問題行動が多く、82年のCSN再結成のツアー中に拳銃不法所持で逮捕されたり、85年には8ヶ月を獄中で過ごしたりしていたようです。その状態から回復した1989年に発表されたのが本作品です。

まず一曲挙げるとすれば、タイトル曲の10.“Oh, yes I can”。バックグラウンドボーカルはJames Taylorらしい。全曲スキャットで通してしまう9. “Flying man”はフュージョンっぽい不思議な曲だなと思うと、ギターがLarry Carltonだったりする。

今は亡きMichael Hedgesがギターを弾いている5. “Tracks in the Dust”, 11.“My Country ‘Tis of Thee”も、なかなかです。


  1. Drive My Car
  2. Melody
  3. Monkey & the Underdog
  4. In the Wide Ruin
  5. Tracks in the Dust
  6. Drop Down Mama
  7. Lady of the Harbor
  8. Distances
  9. Flying Man
  10. Oh, Yes I Can
  11. My Country 'Tis of Thee

Crosby, Stills and Nash, “Daylight again” (1982)

高校三年の夏休みに発売になったアルバム。予備校の夏期講習が終わってから、某大学の生協まで買いに行った記憶がある。高校一年の終わりにCSNを聞き出してからは初めての再結成だったので、狂喜乱舞したものだ。ファーストシングルが“Wasted On The Way”っで、そのチャートの動きに一喜一憂したなあ。“Southern Cross”はStillsの曲だけど、好きだねえ。これが二枚目のシングルになったのだったかな。一番好きなのは、やはりCrosbyの作品で“Delta”。わりにさわやかな側面もある、Crosby得意の幻想ムードの曲。

 


  1. Turn Your Back On Love
  2. Wasted on the Way
  3. Southern Cross
  4. Into the Darkness
  5. Delta
  6. Since I Met You
  7. Too Much Love To Hide
  8. Song For Susan
  9. You Are Alive
  10. Might As Well Have A Good Time
  11. Daylight Again

Original Soundtrack, “No Nukes” (1979)

西海岸系のアーティストによる反原発コンサート。下に示すようなメンツなので、聞かないわけにはいかないアルバム。これは映画にもなって、東京に出たての頃だったろうか、レーザーディスクを上映する渋谷の飲み屋までわざわざ見に行った記憶がある。しかし、選曲のせいだろうか、メンツの割には正直面白くないアルバムだと今になると思う。しいてお勧めするのは The Doobie Brothers with John Hall & James TaylorというメンツでのJohn Hallの名曲、5. “Power”だ。

Woodstock, Bangladesh concert, No Nukes, Live Aid…….ロックで時代が変わると信じてられていた熱気も今は昔。


  DISC 1
  1. Dependin' On You – The Doobie Brothers
  2. Runaway – Bonnie Raitt
  3. Angel From Montgomery – Bonnie Raitt
  4. Plutonium Is Forever – John Hall
  5. Power – The Doobie Brothers with John Hall & James Taylor
  6. The Times They Are A-Changin' – James Taylor, Carly Simon, Graham Nash
  7. Cathedral – Graham Nash
  8. The Crow On The Cradle – Jackson Browne & Graham Nash
  9. Before The Deluge – Jackson Browne
  10. Lotta Love – Nicolette Larson, Doobie Brothers
  11. Little Sister – Ry Cooder
  12. A Woman – Sweet Honey In The Rock
  13. We Almost Lost Detroit – Gil Scott-Heron
  14. Get Together – Jesse Colin Young
DISC 2
  1. You Can't Change That – Raydio
  2. Once You Get Started – Chaka Khan
  3. Captain Jim's Drunken Dream – James Taylor
  4. Honey Don't Leave L.A. – James Taylor
  5. Mockingbird – James Taylor & Carly Simon
  6. Heart Of The Night – Poco
  7. Cry To Me – Tom Petty & The Heartbreakers
  8. Stay – Bruce Springsteen & Jackson Browne & The E Street Band
  9. Devil With The Blue Dress Medley – Bruce Springsteen & The E Street Band
  10. You Don't Have To Cry – Crosby, Stills & Nash
  11. Long Time Gone – Crosby, Stills & Nash
  12. Teach Your Children – Crosby, Stills & Nash
  13. Takin' It To The Streets – The Doobie Brothers & James Taylor
 

Crosby, Stills and Nash, “CSN” (1977)

“Shadow Captain”を聴いて、えらく音が洗練されたな、と思ったものだけど、それだけ70年代は音楽が激変した時代だったってことだね。ちなみにBeth Nielsen Chapman“Life holds on”のイントロは、この曲のイントロをぱくったものとしか思われない。“See the changes”“In My Dreams”もお気に入り。

個人的にどうしても忘れられないのが、“Just a song before I go”。大学受験が終わり、大井町線の大岡山駅のホームで電車を待っているときのことだ。出来が悪くて意気消沈していたときに、追い討ちをかけるかのように商店街の街頭放送でこの曲がかかった。旅立つ人を送る内容の歌詞なのだが、こんなマイナーな曲がこんなタイミングでかかるものか?と思い、その場所には二度と戻ってこれないことを覚悟したものだ。でも、何故か受かっていたんだけどね。


  1. Shadow Captain
  2. See the Changes
  3. Carried Away
  4. Fair Game
  5. Anything at All
  6. Cathedral
  7. Dark Star
  8. Just a Song Before I Go
  9. Run from Tears
  10. Cold Rain
  11. In My Dreams
  12. I Give You Give Blind

Crosby, Stills, Nash and Young, “4 way street” (1971)

二枚組のLPで、札幌では中古で出回っていることもなく、「清水の舞台から飛び降りる」つもりで新品を買った。しかし、感動したんだなあ。“On The Way Home”が最高に気に入った。生ギター二本の絡みがいいんだな。元々はBuffalo Springfieldのアルバムに収録されたNeil Youngの曲なんだけど、こっちのバージョンが圧倒的に好き。同じくNeil Youngの“Cowgirl In The Sand”もいいね。“Love The One You’re With”も、こちらのバージョンの方が好きだな。

LPでは一枚目がアコースティックセット、二枚目がエレクトリックセットになっていた。このバンドのエレキの下手さには定評があり、賛否両論あると思われるが、“Ohio”“Southern man”と、私は好きだな。


    Disc 1
  1. Suite: Judy Blue Eyes
  2. On The Way Home
  3. Teach Your Children
  4. Triad
  5. The Lee Shore
  6. Chicago
  7. Right Between The Eyes
  8. Cowgirl In The Sand
  9. Don't Let It Bring You Down
  10. 49 Bye Byes / America's Children
  11. Love The One You're With
    Disc 2
  1. Pre Road Downs
  2. Long Time Gone
  3. Southern Man
  4. Ohio
  5. Carry On
  6. Find The Cost Of Freedom

Crosby, Stills, Nash and Young, “Déjà vu” (1970)

こういうHTMLで書きにくいタイトルは止めてくれ、というのが第一の感想。Neil Youngが初参加したアルバム。タワーレコード札幌店でなけなしの小遣いをはたいて買った一枚で、これが洋楽への入り口となった。思えば、大きく人生を狂わせてくれた元凶だとさえ言える。「レコードがすり切れるほど聴く」という表現は今は死語となってしまったが、まさにそういう感じの一枚だ。

最初のノックアウトされたのは、“Carry on”のギターのイントロと、いきなりの三度コーラスだった。こんな世界があったんだ、と打ち震えた感動が忘れられない。続く“Teach your children”も定番的な名曲。スチールギターを初めてかっこいいと思った曲だ。この曲は、映画「小さな恋のメロディ」でも使われていた。“Almost cut my hair”は、いかにもDavid Crosbyという曲。当時はあまり好きではなかったが、今はなじめる。Neil Youngの“Helpless”も、これまた定番的名曲。カナダカナダした歌詞が良い。この曲は、映画「いちご白書」(”strawberry statement”)で、機動隊に包囲された封鎖学生のシーンで使われていて、あまりのはまり具合に感動した。今でも自分が危機的状況に陥ると、頭の中でこの曲が悲しく鳴り響く。“Woodstock”は、下手っぴなエレキが印象的な一曲。Joni Mitchellの”Ladies of the Canyon”(1970)に収録されているアコースティックバージョンと比較してみるのも面白い。“Déjà vu”も、これまたCrosbyの難解な曲。でも、すごいんだな。このアコースティックギターワークは、私の中では「一等賞」なのだ。

それから一転して“Our house”は、Graham Nashの甘ったるい曲。わかりやすいがために、最初は一番よく聴いた曲だ。その姿はよほど印象に残ったらしく、うちの母親は今でも「あんたが死んだら葬式でこの曲をかけてやる」と言う。“4+20”は、Stillsのソロ曲。このフィンガーピッキングのギターも当時ははまりにはまった。“Country girl”は組曲仕立てのNiel Youngの曲、。そして最後は勢いで持っていってしまう“Everybody I love you”“Everybody, I love you. Everybody, I do. Though your heart is an anchor….”と、実に単純な曲だが大好きだった。高校の卒業文集に歌詞そっくりぱくって書いたものね。

書いていて思わず涙ぐみそうになるね。関係者の方々、私が死んだらこの一枚を棺桶に入れて下さい。CDじゃなく、LPがいいな。


  1. Carry On
  2. Teach Your Children
  3. Almost Cut My Hair
  4. Helpless
  5. Woodstock
  6. Déjà vu
  7. Our House
  8. 4 + 20
  9. Country Girl: Whiskey Boot Hill/ Down, Down, Down/ Country Girl (I Think You're Pretty)
  10. Everybody I Love You

Crosby, Stills and Nash, “Crosby, Stills and Nash” (1969)

CSNとしてのデビュー盤。確か、”4way street”を先に聴いてから、こちらを後から聴いた。かなりの曲は事前に知っていたわけだが、LPに針を落とした瞬間から、スタジオ録音での1. “Suite: Judy Blue Eyes”のDADDADの変則チューニングと、圧巻の三度コーラスのにいきなり打ちのめされた。4. “You Don’t Have To Cry”, 8.“Helplessly hoping”もいい曲だね。

意外にはまるのが、Crosbyの3. “Guinnevere”。すごく好きな曲なんだけど、いかにも薬でラリってますという感じの曲で、他人にも理解されにくいのが難点。確かにこれに聞き入る高校生ってのは、傍から見ていてやばい存在だったかも。


  1. Suite: Judy Blue Eyes
  2. Marrakesh Express
  3. Guinnevere
  4. You Don'T Have To Cry
  5. Pre-Road Downs
  6. Wooden Ships
  7. Lady Of The Island
  8. Helplessly Hoping
  9. Long Time Gone
  10. 49 Bye-Byes

メニュー