The Byrds

David Crosby, “Oh, Yes I can” (1989)

CSN&Yといえば、Neil YoungとかStephen Stillsのカラーが好きな人が多いのでしょうが、ワタシとしてはどうにもCrosbyが気になります。それは”Guinnevere”であったり、”Deja Vu”であったりという、幻想的な曲調によるものです。

しかし80年代のCrosbyは銃と麻薬で問題行動が多く、82年のCSN再結成のツアー中に拳銃不法所持で逮捕されたり、85年には8ヶ月を獄中で過ごしたりしていたようです。その状態から回復した1989年に発表されたのが本作品です。

まず一曲挙げるとすれば、タイトル曲の10.“Oh, yes I can”。バックグラウンドボーカルはJames Taylorらしい。全曲スキャットで通してしまう9. “Flying man”はフュージョンっぽい不思議な曲だなと思うと、ギターがLarry Carltonだったりする。

今は亡きMichael Hedgesがギターを弾いている5. “Tracks in the Dust”, 11.“My Country ‘Tis of Thee”も、なかなかです。


  1. Drive My Car
  2. Melody
  3. Monkey & the Underdog
  4. In the Wide Ruin
  5. Tracks in the Dust
  6. Drop Down Mama
  7. Lady of the Harbor
  8. Distances
  9. Flying Man
  10. Oh, Yes I Can
  11. My Country 'Tis of Thee

The Byrds, “Byrdmaniax” (1971)

私のギターアイドルClarence Whiteなどの加入で大きくカントリーロック路線へ舵を切ったThe Byrdsの後期作品の一つ。1. “Glory, Glory”は、やはり名曲なんじゃないでしょうか。もう一つ言及しておきたいのが、Jackson Browneのデビュー盤にも収録されていた“Jamaica say you will”。JB版でのClarenceのギターには本当に泣けるが、このThe Byrds版もなかなかのものだ。JBファンに取っても聴く価値のある一曲。


  1. Glory, Glory
  2. Pale Blue
  3. I Trust
  4. Tunnel Of Love
  5. Citizen Kane
  6. I Wanna Grow Up To Be A Politician
  7. Absolute Happiness
  8. Green Apple Quick Step
  9. My Destiny
  10. Kathleen's Song
  11. Jamaica Say You Will
  12. Mr. Tambourine Man

The Byrds, “Mr. Tambourine Man” (1965)

フォークの神様Bob Dylanの曲をロック編成で演ずるというデビューの仕方で、Folk Rockという新分野を開拓したのがThe Byrds。自分が生まれた年のアルバムだと思って聴くと感慨深い。1. “Mr. Tambourine Man”は言うまでもなく彼らの代表曲。12弦エレキのイントロからして既に格好いいし、コーラス部も格好いいよね。しかし、個人的には正直ピンとくるのはこの一曲のみ。高校時代にベスト盤を聞いていた後遺症だろうか。


  1. I'll Feel A Whole Lot Better
  2. Spanish Harlem Incident
  3. You Won't Have To Cry
  4. Here Without You
  5. The Bells Of Rhymney
  6. All I Really Want To Do
  7. I Knew I'd Want You
  8. It's No Use
  9. Don't Doubt Yourself, Babe
  10. Chimes Of Freedom
  11. We'll Meet Again

メニュー