The Byrds, “Mr. Tambourine Man” (1965)

フォークの神様Bob Dylanの曲をロック編成で演ずるというデビューの仕方で、Folk Rockという新分野を開拓したのがThe Byrds。自分が生まれた年のアルバムだと思って聴くと感慨深い。1. “Mr. Tambourine Man”は言うまでもなく彼らの代表曲。12弦エレキのイントロからして既に格好いいし、コーラス部も格好いいよね。しかし、個人的には正直ピンとくるのはこの一曲のみ。高校時代にベスト盤を聞いていた後遺症だろうか。

  1. I'll Feel A Whole Lot Better
  2. Spanish Harlem Incident
  3. You Won't Have To Cry
  4. Here Without You
  5. The Bells Of Rhymney
  6. All I Really Want To Do
  7. I Knew I'd Want You
  8. It's No Use
  9. Don't Doubt Yourself, Babe
  10. Chimes Of Freedom
  11. We'll Meet Again

コメントを残す


− 五 = 4


*

メニュー