Heather Nova

Heather Novaってどんな人?

英領バミューダ諸島で1967年に生まれる。幼少時は、家族(犬猫含む)と共に、大部分の時間を船の上で過ごす。アメリカに移住後、ロードアイランドのカレッジに進む。その後最初はNY、後にLondonへ移り、レコードデビューを果たす。このページでは、ロンドンでキャリアをスタートした+バミューダが英領という意味で英国・アイルランド系に分類させてもらう。

  1. Heather Nova: V2 Music (公式ホームページ。英語版。)
  2. Heather Nova-Wikipedia


Heather Nova, “South” (2001)

前二作が売れてツアー疲れをしてしまい、バミューダでちょっと休息をとっての新作。明るい音が印象的。ピッチも安定して聴きやすくなった感がある。

軽めのアコースティック・ポップロックに大きく傾いた音作り。しょっぱな“If I saw you in a movie”から、良い感じなのだ。一番のお勧めは“It’s only love”“virus of the mind”も良いアコロックで、ちょっとSheryl Crowっぽい音の作りだ。“heaven sent”もいいポップロック。

一方で“waste the day”なんかは、タイトル通りのけだるい曲でこれもいいな。夏の昼下がり向きじゃなかろうか。


  1. If I Saw You In A Movie
  2. Talk To Me
  3. Virus Of The Mind
  4. Like Lovers Do
  5. Waste The Day
  6. Heaven Sent
  7. It's Only Love
  8. I'm No Angel
  9. Help Me Be Good To You
  10. When Somebody Turns You On
  11. Gloomy Sunday
  12. Tested
  13. Just Been Born

Heather Nova, “Siren” (1998)

しょっぱなの“London rain”が、非常に良い。“Heart and shoulder”も似たような感じ。80年代のBrian Adamsとか、あのあたりの音の作りが思い出されるからだろうか。“Widescreen”も、良いポップロックだと思う。

一方で、“What a feeling”は良いバラードだ。同じくスローバラードの“Paper cup”もいい曲だと思うのだが、もうちょっと歌唱力あればねえ・・・と思ってしまう。アコースティックな音作りの“Valley of sound”“Avalanche”も聞き逃せない。


  1. London Rain (Nothing Heals Me Like You Do)
  2. Blood Of Me
  3. Heart And Shoulder
  4. What A Feeling
  5. Valley Of Sound
  6. I'm The Girl
  7. Winter Blue
  8. I'm Alive
  9. Widescreen
  10. Paper Cup
  11. Avalanche
  12. Make You Mine
  13. Ruby Red
  14. Not Only Human

Heather Nova, “Oyster” (1995)

さえない時期を過ごしたあと、一躍脚光を浴びるきっかけとなった一枚。音は全般的に、ちょっとハード目。ピッチの狂いがなんとも落ち着かない。が、“Truth and bone”“Walking higher”,“Doubled up”あたりがお気に入り。


  1. Walk This World
  2. Heal
  3. Island
  4. Throwing Fire At The Sun
  5. Maybe An Angel
  6. Sugar
  7. Truth And Bone
  8. Blue Black
  9. Walking Higher
  10. Light Years
  11. Verona
  12. Doubled Up

メニュー