Beth Orton

Beth Orton, “Daybreaker”(2002)

コースティック回帰が強まった感のあるアルバム。Ryan Adamsって人とのデュエットの“Concrete sky”が、アコースティックな佳曲。“Carmella”は、初期のJoni Mitchellにも通じる、フォークっぽい音の作り。“This one’s gonna bruise”も、やはりいいアコースティックな曲。Eddi Readerといい、最近はBritishな人たちの方がこういう音作りが得意なのかもしれないな、などと考えてしまう。

“God Song”は、懐かしのEmmylou Harrisとのデュエット。

余談ながら、ジャケットの歌詞・クレジットは、大変読みにくく難儀する。


  1. Paris Train
  2. Concrete Sky
  3. Mount Washington
  4. Anywhere
  5. Daybreaker
  6. Carmella
  7. God Song
  8. This One's Gonna Bruise
  9. Ted's Waltz
  10. Thinking About Tomorrow

Beth Orton, “Trailer Park”(1996)

メジャーデビュー盤。ジャケットのカバーフォトがなんともいいな。邦盤のライナーノーツによれば、かなり複雑な音楽的バックグラウンドを持つようだ。でも、私は単純なアコースティック好き。“Don’t need a reason”“Sugar boy”“Whenever”“I wish I never saw the sunshine”あたりがお勧め。

気持ちよくアコロックで疾走する“Live as you dream”“How far”も良い。

 


  1. She Cries Your Name
  2. Tangent
  3. Don't Need A Reason
  4. Live As You Dream
  5. Suger Boy
  6. Touch Me With Your Love
  7. Whenever
  8. How Far
  9. Someone's Daughter
  10. I Wish I Never Saw The Sunshine
  11. Galaxy Of Emptiness
  12. It's Not The Spotlight

Beth Orton, “Central reservation”(1998)

このアルバムでアメリカでの評価がぐぐっと上がったのだそうだ。NHKで放映されていた”Roswell”というアメリカのドラマで彼女のコンサートのシーンがあった気がするのだが、このアルバムが出た後のことだと思う。しょっぱなの“Stolen Car”は、マイナーのアコロック。歌のピッチのずれに、なんとも言えずそそられる。

タイトル曲の“Central reservation”での、アコースティックなバックにに乗っての、なんとも言えない気だるいボーカルがまたよろしい。”Love like larughter”“Devil’s song”も、フォークっぽさを漂わせる佳曲。私的に一番いいなと思えるのは“Feel to believe”だな。


  1. Sweetest Decline
  2. Couldn't Cause Me Harm
  3. So Much More
  4. Pass In Time
  5. Central Reservation (Original Version)
  6. Stars All Seem To Weep
  7. Love Like Laughter
  8. Blood Red River
  9. Devil Song
  10. Feel To Believe
  11. Central Reservation (Ben Watt Remix)

メニュー