Molly Felder (Swan Dive)

Swan Dive, “Popcorn and a Mama Who Loves Me Too”(2005)

Victor移籍第二弾。前作ほどのインパクトは感じられないが、決して悪いアルバムではなく、「相変わらず良い」という表現が適切か。しょっぱなの“Get back together”なんかは、Bee Geesの”How deep is your love”っぽい音の運びで始まって、あとはSwing out sisterっぽく曲が展開していくという大人の音なのだ。“Trouble”なんかはブラジルっぽくもあり、「Nashville系」という括りに騙されてはいけない音の多彩さが目立つ。

そうなると、逆に単純な音が素晴らしくも感じられたりする。“You are my superstar”,“Mumbling a goodbye”のあたりは、メロディーの美しさが引き立つ曲。逆に勢いでもっていってしまう“We are two”も楽しげでいい。歌詞は最初は“We are two”なのに、最後は“empty chairs, broken cup, “に引き続いて“We were two”となってしまうので、決して単純に楽しい曲ではないんだけれど。“Now that I found you”あたりも余裕の感じられる曲でいいよね。


  1. Get Back Together
  2. Trouble
  3. You Are My Superstar
  4. Mumbling A Goodbye
  5. We Are Two
  6. Misery Go Round
  7. Butterfly Come Home
  8. Now That I Found You
  9. Moon Violet
  10. Photographs
  11. Shining Hour
  12. Goodnight My Love

Swan Dive, “William & Marlys” (2004)

しばらくの間、私の車の中ではこのアルバムがかけっぱなしにしていたという、お勧めの一枚。久しくデビュー盤の“You’re beautiful”を「この一枚」としてきたが、その座を交代。Swan Diveと契約解除してしまったSonyさん、惜しいことをしました。Victor Entertainmentさん、ナイスフォローです。

一曲目の“Good to be free”は、どことなく初期ビージーズなどを思い起こさせられる曲。わざと舌っ足らずに歌っているのは、Mollyの新境地かな、と思う。“Hometown”も、ストリングのアレンジがかっこよく、しかもMollyの歌が冴えるスローな曲。“Almost over you”は、昔ながらのアメリカンフォークの香りが面白い曲。“Happy for you”では、ペダルスティールのかぶってきかたに、初期Eaglesを思い起こさせられる。“That hat”も、Mollyのボーカルがきれいなスローな曲。一転、“Up with love”は、Swing out sisterあたりダブるポップス炸裂の音作りで、このアルバムで一番の当たりの曲と見た。“Few thousand days ago”は、late 60’s風と言えばいいのだろうか、これもいい曲。“Where am I going”はバラードだが、これもこのアルバムで一・二を争う佳曲。Americaの”Daisy Jane”(邦題:「ひなぎくのジェーン」)とか、Glenn Freyの”The one you love”(邦題:「恋人」)なんかと繋がる曲想だ。“Automatically Sunshine”は上記“Up with love”とも通じる、突き抜ける感じのポップな曲。日本盤ボーナス曲の“Western sky”“Sleeper”も聞きやすい曲。外れの殆どないアルバムで必聴盤と言えましょう。


  1. Good To Be Free
  2. Hometown
  3. Almost Over You
  4. Leftover
  5. Happy For You
  6. That Hat
  7. Up With Love
  8. Becoming
  9. A Few Thousand Days Ago
  10. Where Am I Going ?
  11. Automatically Sunshine
  12. Western Sky
  13. Sleeper

Swan Dive, “June”(2000)

久々の新譜である。最初は退屈なアルバムに思えて、一度聞いたきりしばらく放置してあった。しかし、聞きなおしてみると、これがなかなか良いのである。

“Girl on a wire”、”Truly, Madly, Deeply”(かなりBeatlesっぽい)、”Puzzle Ring”(この曲のボーカルはBill DeMain)、”Kaleidoscope”と「Swan Diveっぽい」ポップスが並ぶ。確固たるスタイルが前作から継承されていて、安心して買うことが出来るアルバムだと言えましょう。以前からのファンを絶対に裏切らないものと思う。

心地よいポップスもいいのであるが、Mollyのボーカルの良さを味わえる他の曲も個人的には好き。ボサノヴァっぽい三曲目の”one sided”、”Safe and Sound”、アコースティックな”Mountains”、”Katydids”が秀逸。


  1. Girl On A Wire
  2. Truly, Madly, Deeply
  3. One Sided
  4. Puzzle Ring
  5. Go With Love
  6. Kaleidscope
  7. Mountains
  8. Katydids
  9. Safe And Sound
  10. Augustine
  11. My Mistake
  12. Have You Ever Been In Love

Swan Dive, “Circle”(1998)

一曲目の“Breezeway”からいい感じで入ってくる。三曲目の“Goodbye September”は、70年代前半のGeorge MartinがプロデュースしてたころのAmericaとかに通じるような音の作りで懐かしい感じがする。グループの音の作りとしては向上しているけど、Mollyの良さが一作目と比べるとあまり出てきていないような気がする三枚目。


  1. Breezeway
  2. Better To Fly
  3. Goodbye September
  4. Circle
  5. Ordinary Day
  6. Rome Will Fall
  7. And She Dreams
  8. Home Away From Home
  9. Moodswinging
  10. Luckiest Girl In The World
  11. Sweet Enemy
  12. Starfish
  13. Circle [The High Llamas Remix]

Swan Dive, “You’re Beautiful” (1997)

デビュー盤. “The Day That I Went Home”でのMollyのボーカルが絶品。なんといってもメロディラインがきれいで、生ギターを中心としたアレンジが心地よくて、Mollyの声質にぴったり合った曲です。アメリカの現代小説みたいな、さりげない表現で流しているが、奥深いものを感じさせる歌詞もいいんだよね。自分の故郷が思い起こされる歌である。

7曲目の“Charade”もいい曲です。アルバムのその他の曲の中にはMathew Sweet風の曲があったりして、外れの曲がほとんど無い正解のCD。


  1. Free
  2. Blueprint
  3. The Day That I Went Home
  4. Little Clown
  5. Mary Margaret's Tears
  6. Broken Compass
  7. Charade
  8. Beautiful Excuse
  9. Somebody Else's Sky
  10. Even If I Wanted To
  11. Benny's Grave
  12. Move The Stars

Swan Dive, “Wintergreen”(1997)

全8曲のミニアルバム風のもので、クリスマスソングやらカバーやらも入っている。しかし、私に言わせれば存在意義のあまり無いアルバム。


  1. Groovy Tuesday
  2. Heart Of Glass
  3. In The Land Of Make Believe
  4. Words
  5. I Know Myself Too Well
  6. You Lose
  7. Santa, Can't You Bring Me A Man
  8. We Wish You A Merry Christmas

メニュー