Crosby, Stills, Nash and Young, “4 way street” (1971)

二枚組のLPで、札幌では中古で出回っていることもなく、「清水の舞台から飛び降りる」つもりで新品を買った。しかし、感動したんだなあ。“On The Way Home”が最高に気に入った。生ギター二本の絡みがいいんだな。元々はBuffalo Springfieldのアルバムに収録されたNeil Youngの曲なんだけど、こっちのバージョンが圧倒的に好き。同じくNeil Youngの“Cowgirl In The Sand”もいいね。“Love The One You’re With”も、こちらのバージョンの方が好きだな。

LPでは一枚目がアコースティックセット、二枚目がエレクトリックセットになっていた。このバンドのエレキの下手さには定評があり、賛否両論あると思われるが、“Ohio”“Southern man”と、私は好きだな。

    Disc 1
  1. Suite: Judy Blue Eyes
  2. On The Way Home
  3. Teach Your Children
  4. Triad
  5. The Lee Shore
  6. Chicago
  7. Right Between The Eyes
  8. Cowgirl In The Sand
  9. Don't Let It Bring You Down
  10. 49 Bye Byes / America's Children
  11. Love The One You're With
    Disc 2
  1. Pre Road Downs
  2. Long Time Gone
  3. Southern Man
  4. Ohio
  5. Carry On
  6. Find The Cost Of Freedom

コメントを残す


× 三 = 6


*

メニュー