The Cloudberry Jam, “Providing the atomosphere”(1996)

しょっぱなの“clichés”から、ドライブかかってる。“going further”は、ちょっとSteely Dan入っている感じ。“Nothing to declare”なんかは、結構凝った音の造り。のちにJennieは、「スリーコードの単純な曲をやりたい」と言って別のバンドに走るわけだが、こういうことでストレスが溜まっていったのか、と考えてしまう。“another moment follows”あたりで聞かれるドライブ感は、前作を継承した感じが堪らない。

しかし、邦題の「雰囲気造り」ってそりゃそうだけど、なんだかなあ。

  1. Cliches
  2. Going Further
  3. Nothing To Declare
  4. Another Moment Follows
  5. Direction Still Unknown
  6. Peace And Quiet
  7. Life In This Way
  8. Roll The Dice
  9. Some Things Are Better Left To Be
  10. Come Back And Stay
  11. Connected
  12. Wandering, Wondering
  13. Whatever Happens
  14. Could It Be?

コメントを残す


六 − = 1


*

メニュー