The Indigo, “Records” (2001)

プラスティックケースを開けて、いきなり「はっ」と思った人は、昔からの洋楽マニアの人でしょう。CDのラベルが、Atlanticレーベル(CSN&Yなどを手がけていた)のLPのそれを模したものなのだ。

インストを一曲目に持ってきているのに意表を突かれる。二曲目の「ココロニ」から、ボーカルありのindigoワールド炸裂。四曲目の“pain”は、マイナーコードでの生ギターのカッティングが、どことなく「はっぴいえんど」を思い起こさせられ、とても好きな曲。。五曲目の「恋の女神」は、市川氏がindigoの公式サイトのアルバム紹介でネタばらしをしているが、Doobie Bros.ですねえ。

“She said”「夏のプリズム」“melody”「電話」と、とにかく佳曲が続く。根強いファンが付くグループでしょうね。田舎暮らしでライブとかに行けないのが残念だ。

  1. 7 ~overture~
  2. ココロニ
  3. ラベンダーの傘
  4. pain
  5. 恋の女神
  6. BEAUTY
  7. SHE SAID
  8. HOME TOWN
  9. 夏のプリズム
  10. MELODY
  11. 電話
  12. 雨あがり
  13. BRANDNEW DAY
  14. ココロニ ~reprise~

コメントを残す


5 × 九 =


*

メニュー