Pat Metheny and Lyle Mays

Pat Metheny Group, “The road to you” (1996)

“Travels”以来のライブ盤。選曲も、(当時としては)新らし目だ。“Last train home”“Beat 70”が収録されているので、それだけでご機嫌。

“More Travels”というビデオも同時に発売になっている。これがまたかっこいいんだな。


  1. Have You Heard
  2. First Circle
  3. The Road To You
  4. Half Life Of Absolution
  5. Last Train Home
  6. Better Days Ahead
  7. Naked Moon
  8. Beat 70
  9. Letter From Home
  10. Third Wind
  11. Solo From 'more Travels'

Noa, “Noa” (1994)

Pat Methenyが自らのプロダクションからデビューさせたイスラエル出身のシンガーNoa。ファーストのプロデュースを、Pat自身が手がける。何曲かはPat Metheny Groupがバックで演っている。Noaのバックグラウンドである中東の音と、アメリカンサウンドの調和が素晴らしい一枚。

Patの直接参加はバックボーカル(!)での一曲のみであるが、Lyle MaysのKeyboardが初期のPMGを思い起こさせる、素晴らしく優しい音に仕上がりっている。私のおすすめは2. “Wildflower”, 7. “Lady Night”, 9. “It’s Obvious”である。Noaの歌と、Lyle Maysのピアノ・シンセのからみがめちゃくちゃ泣けるのだ。特に初期PMGファンは必聴。

上の3曲のほかにも、10. “Desire”もおすすめ。


  1. I Don't Know
  2. Wildflower
  3. Mishaela
  4. Path To Follow
  5. Child Of Man
  6. Eye Opener
  7. Lady Night
  8. Uri
  9. It's Obvious
  10. Desire
  11. Ave Maria

Pat Metheny, “Secret story” (1992)

これはPatのソロ作。しょっぱなの“above the treetops”がカンボジアサウンドで面食らうのだが、続く“facing west”は、PMG以上にPMGしているんじゃないか、と言う曲。“The longest summer”が、本当に泣ける。ピアノを弾くのはLyle Maysではなく、Pat Metheny自身。これが、ピアノであってもPatの音なのだ。これには本当に驚いてしまった。これにかぶってくるギターシンセにも、ぐぐっと来る。続く“Sunlight”も、PMGっぽいとてもきれいな曲。

後半は、Pat自身が「とにかく哀しい音にした」と言っている部分だ。しかし、“See the world”は、やはりPMGっぽい佳曲。ソロと言いつつ、PMGの面々がバックを固めた時が一番なのだ。日本人として聞き逃してはならないのが、“As a flower blooms (I am running to you)”。曲の最後でバックにひっそりとかぶってくるボーカルは矢野顕子。歌詞はちゃっかり日本語なのだ。これを楽しめるのは日本人の特権であるから、せいぜい楽しもう。

しかしこのアルバムが出た頃の雑誌のインタビューでは、Patは「PMGではやりたいことはやり尽くした。」的な発言をし、Lyleは一流ミュージシャンをゲストに揃えたこのアルバムに嫌味を言うなど、非常に危ない空気が伝わってきたのだが、何故か10年経った今でもPatとLyleは一緒にやっている。めでたしめでたし。


  1. Above The Treetops
  2. Facing West
  3. Cathedral In A Suitcase
  4. Finding And Believing
  5. The Longest Summer
  6. Sunlight
  7. Rain River
  8. Always And Forever
  9. See The World
  10. AS As Flower Blossoms (I Am Running To You)
  11. Antonia
  12. The Truth Will Always Be
  13. Tell Her You Saw Me
  14. Not To Be Forgotten (Our Final Hour)

Pat Metheny Group, “Letter from home” (1989)

これは中期を代表する名盤。このアルバムが出た夏は、ほんと、この一枚で乗り切った記憶がある。“Have you heard”に始まり、“Every Summer Night”はピアニカとボーカルが妙にはまる曲。Brazilianしきってる“Better days ahead”は、軽快かつ美しく、記憶に残る曲。同じくラテンしてる“Beat70”もピアニカとギターが軽快で、とにかく抜けのいい曲。“Dream of the return”も美しい曲だし、外れ曲のほとんどない一枚。必聴。


  1. Have You Heard
  2. Every Summer Night
  3. Better Days Ahead
  4. Spring Ain't Here
  5. 8月1日
  6. 5月7日
  7. Beat 70
  8. Dream Of The Return

Pat Metheny Group, “Still Life (talking)” (1987)

Methenyを狂ったように聴き出したのが86年のことだったと思う。それ以降で最初のスタジオ・アルバム。ブラジル系の音への傾斜が鮮明な時期の一枚。しかし、一番気に入っているのは、のどかにアメリカンしている3. “Last Train Home”。ドラムがひたすら、汽車のしゅぽしゅぽを刻みつつ、シタールっぽいギターシンセでPatが歌いまくるのだ。そして曲の後半でかぶってくるコーラスが新機軸。そしてフェイドアウトで汽車は通り過ぎていくのだ。1. “Minuano (Six Eight)”, 2.”So May It Secretly Begin”ともちろん素晴らしい。ラストの“In her family”も泣ける。


  1. Minuano (Six Eight)
  2. So May It Secretly Begin
  3. Last Train Home
  4. (It's Just) Talk
  5. Third Wind
  6. Distance/In Her Family

Pat Metheny Group, “First Circle” (1984)

名盤です。その割には、カセットの時代から更新してなくて、改めて聴き直してみると「なんでこんな重要作品を更新してなかったんだ?」と思う一枚。

“Yolanda, You Learn”, “The First Circle”, “If I Could”が続く辺りは圧巻。80年代半ばにライブに通ったワタシ的には非常にはまります。”The First Circle”のスチール弦と、”If I could”のガッド弦のコントラストが何とも言えないのです。

最後の”Praise”は、題名通りに賛美歌テイストがちょっと入った曲。アコギのカッティングが非常にカッコ良い。好きだなあ。

2010/08/10 渋谷TSUTAYA


  1. Forward March
  2. Yolanda, You Learn
  3. The First Circle
  4. If I Could
  5. Tell It All
  6. End Of The Game
  7. Más Allá (Beyond)
  8. Praise

Pat Metheny Group, “Travels” (1983)

ライブ盤仕立ての2枚組。タイトル曲のB-3. “Tavels“が秀逸です。他にも本作にしか収録されていないA-2.”The Fields, The Sky“, A-5. “Straight On Red“, B-1. “Extradition”あたりも面白い。


DISC1
  1. Are You Going With Me? [Live]
  2. The Fields, The Sky [Live]
  3. Goodbye [Live]
  4. Phase Dance [Live]
  5. Straight On Red [Live]
  6. Farmer's Trust [Live]
DISC 2
  1. Extradition [Live]
  2. Goin' Ahead/As Falls Wichita, So Falls Wichita Falls [Live]
  3. Travels [Live]
  4. Song For Bilbao [Live]
  5. San Lorenzo [Live]

Pat Metheny Group, “Offramp” (1982)

たしか、「愛のカフェオレ」とかいう、とんでもない邦題を付けられたアルバム。このアルバムで聞き逃せないのは、James Taylorを意識して書いたという“James”。なんとも言えず優しい音で、忘れえぬ曲。最近のアルバムでも再演されていることが多く、ファンの多い曲らしい。


  1. Barcarole
  2. Are You Going With Me?
  3. Au Lait
  4. Eighteen
  5. Offramp
  6. James
  7. The Bat Part II

Pat Metheny and Lyle Mays, “As falls Wichta, So falls Wichita Falls” (1981)

Pat Metheny Group名義ではなく、二人の共作という位置付け。実は結構退屈してしまうアルバムなのだが、一曲挙げておかねばならないのが、“Ozark”。Lyle Maysの超絶テクのピアノプレーに、Patの単純なアコースティックギターがかぶる不思議な作品。ライブなどでは取り上げられこともない作品なのだけれども、私としてはPMGがらみの中ではかなりの上位に来る曲だ。


  1. As Falls Wichita, So Falls Wichita Falls
  2. Ozark
  3. September Fifteenth
  4. It's For You
  5. Estupenda Graca

Joni Mitchell, “Shadows and Lights”(1980)

Jaco Pastrias, Michael Brecker, Pat Metheny, Lyle Mays等が参加したライブアルバム。これは映像作品としても発表されている。Patは当時まだ売り出し中で、JoniのパートナーだったJacoのおまけとしての参加という感はぬぐえない。しかし、ビデオは、初期のPatの映像を堪能できる貴重なものとしても嬉しい存在だ。もちろんJoniのすごさは言うまでもなし。

 


  1. Introduction
  2. In France They Kiss On Main Street
  3. Edith & The Kingpin
  4. Coyote
  5. Goodbye Pork Pie Hat
  6. The Dry Cleaner From Des Moines
  7. Amelia
  8. Pat's Solo
  9. Hejira
  1. Black Crow
  2. Don's Solo
  3. Dreamland
  4. Free Man In Paris
  5. Band Introduction
  6. Furry Sings The Blues
  7. Why Do Fools Fall In Love
  8. Shadows And Light
  9. God Must Be A Boogie Man
  10. Woodstock

Pat Metheny Group, “American Garage” (1979)

ECMなどというヨーロッパ系のレコード会社と契約し、録音もオスロなどで行われることの多かったPMG。トレーラーハウスの並ぶこのジャケットに、「おれたちアメリカ人」という自己主張を感じてしまう。

とにかく全曲外れなし。特に、4. “American Garage“のイントロにはしびれますね。


  1. (Cross The) Heartland
  2. Airstream
  3. The Search
  4. American Garage
  5. The Epic

Pat Metheny, “Pat Metheny Group” (1978)

グループとしての二枚目。初期の最高傑作だと私は思う。最初の二曲が特にすごい。

“San Lorenzo”のイントロでは、ギター・ピアノ・ドラムのシンバルがなんとも言えないハーモニーを織り成す中で、ベースラインが動き出す、その音の拡がりが何ともたとえようがなく素晴らしいのである。大学院の最初の年だったろうか、夏休みの帰省中に、道東にヒッチハイクに出かけたことがある。札幌からは釧路へは夜行列車で向かったのだが、ちょうど海沿いの線路に出たあたりで朝日が昇り出した。そのときにちょうど聴いていたのがこの曲。ちょっと締まった朝の空気と、その光と、拡がりのある音が自分の中に作り出したものを、15年以上経つ今でも、忘れることができない。それ以来、気に入った景色の中にいるときは、必ずこの曲を聴いてしまう。常時携行アルバムだった。

“Phase dance”も、やはりすごい曲。これを聴いてからというもの、自分でギターを弾くのはやめよう、と思ってしまったのだ。それほど、自分にとっては決定的だったアルバムであった。


  1. San Lorenzo
  2. Phase Dance
  3. Jaco
  4. Aprilwind
  5. April Joy
  6. Lone Jack

Pat Metheny, “Watercolors” (1977)

Pat Metheny名義ながら、Lyle Maysと組んだ最初の作品。もう30年も前のアルバムになるんだな。

Jazzを解さない私としては、1. “Watercolors”, 4. “Lakes”の、二曲が好き。透明感あふれるというか、ドビュッシーっぽいというか。5. “River Quay”も結構好き。7. “Sea Song”のLyle Maysのピアノっていうのは、いかにも彼の色が出ているね。

学生時代の短い期間、遠距離恋愛というのに没頭した時期がありました。電子メールなんてない時代だから、便箋10枚を超える手紙が週に一度くらい行き交ったわけだが、彼女のこのアルバムに関する感想は、「さらりと流れてしまった」だったのを強烈に記憶している。「綺麗っぽく作っただけで、記憶に留まるような引っかかるところがない」と言いたかったのだと思うし、多分それは正解なのだろう。これとは別に、研究室の先輩はPat Methenyを「環境音楽だよね」と総括していた。これもきっと正解。

なのに、20年以上経った今もこのアルバムを聴いている私。騙されやすいってことかね。


  1. Watercolors
  2. Icefire
  3. Oasis
  4. Lakes
  5. River Quay
  6. Suite: I.Florida Greeting Songs , II.Legend Of The Fountain
  7. Sea Song

メニュー