Ana Martins, “Linda” (2001)

勉強しようと思いつつ全く追いついていかないボサノバ。そんな私にも、この一枚は一味違うとわかる。バックアップミュージシャンのテクニックによるところが大きいのだと思うが、「すごい音を聞かされている」って思いに囚われるのだ。3. “Tardes Cariocas”, 4. “Ninho De Vespa”あたりが特に強烈で印象に残る。かと思うと、4. “Bewitched [Encantada]”や、11. “Saudade Fez Um Samba”は、肩の力が抜けたいい曲。夏の昼下がり向きだ。

  1. O Tal De Samba
  2. Berimbau
  3. Tardes Cariocas
  4. Ninho De Vespa
  5. Bewitched [Encantada]
  6. Pra Que Discutir Com Madame?
  7. Linda
  8. Alegre Menina - Porto
  9. Amoe Certinho
  10. Caminhos Cruzados
  11. Saudade Fez Um Samba
  12. Correnteza

コメントを残す


7 − 七 =


*

メニュー