四半世紀

実はこの記事を書いているのは、4/4。バックデイトして書きますが。

毎年4月1日には色んなことを思う。今年はどんな年かと考えてみれば、高校時代までを過ごした故郷を離れて東京で大学生活を始めて25年、ちょうど四半世紀になる。成し遂げられたこと、成し遂げられなかったこと、得たもの、失ったもの、色々あるわけだけど、全部ひっくるめてこその今の自分。新たな勝負の年度が始まるのだ。

コメントを残す


八 − = 6


*

メニュー