PerfumeのペプシCM

The Cardigansの”Lovefool”じゃありませんか。
90年代Swedish popsの最高到達点?
Nina Perssonのどことなく獰猛な北欧顔がいいなあ。

これまでのコメント

  1. 調子千砂 より:

    そうかぁ、あの人の顔、獰猛って言い得て妙ですね。思いつかなかった。

  2. 調子千砂 より:

    今15年ぶりで、LIFE聴いてみました。当時はオーネット コールマンか、カーディガンズかという聴き方だったので、あ、明るくていいってそんなで、BEAUTIFUL ONEやAFTER ALL…が好きだったのが、今はRISE AND SHINEと CELIA INSIDEが好きなことがわかりました。この後の方の歌い方好きです。

  3. skyharbor より:

    この人の魅力は、決して上手い歌い手さんじゃないってとこだよね。

  4. 調子千砂 より:

    今カーディガンズ聴いて思ったことあります。男性にとってはセクシーかもしれない、白痴的に自分を放り投げているかのような歌い方が私の愛好の原因の一端で登山道の入口かもしれません。めちゃめちゃrelate toして。

  5. 調子千砂 より:

    どちらの人も知りません。カーディガンズのこの人に安心をもらってました。今聴いてもいいですね。

コメントを残す


× 九 = 63


*

メニュー