山本潤子、 “Songs” (2007)

2010/08/10 渋谷TSUTAYA

元赤い鳥・ハイファイセットの山本潤子さんがJ-pop(この表現は非常にキライなのだが)の名曲をカバーするという企画のアルバム。潤子さんは、どう考えても史上最強の日本人女性ボーカリストの一人だし、好きなんですよ。上手いし、説得力もあるし、声もやはり素晴らしい。

でもこの一枚の存在意義がどうしてもわからない。カラオケが上手いおねーさんが歌っているのと、どう違うのかがわからない。原曲を越えていくようななにかとか、「今、ここで新しいものを生み出そう」という心意気みたいなものが感じられない。

でも、amazonのレビューなんかでは、結構好評なのです。多分いいアルバムで、ワタシがオーディエンスの枠内に入ってないというだけなんでしょう。

  1. サンキュ
  2. CROSS ROAD
  3. 恋の予感
  4. Missing
  5. ロビンソン
  6. 桜坂
  7. 空と君のあいだに
  8. 最後の言い訳
  9. 世界に一つだけの花
  10. 心根 〜一本桜〜
  11. 翼をください
  12. 一本桜 [ヴォーカリーズバージョン]

コメントを残す


− 1 = 三


*

メニュー