The Eagles, “One Of These Nights” (1975)

イーグルスがハード路線へと舵を切り出した作品。でも結構好きで、大学時代に良く聴いていた(もちろんリアルタイムではない)。タイトル曲である1. “One Of These Nights”のコーラスにはやられました。3. “Hollywood Waltz”のペダルスチールにも、はまったものだ。4. “Lyin Eyes”なんて、ウエストコーストサウンドの教科書的な乾いた音だ。5. “Take It To The Limit”は代表的なヒット曲。8. “After The Thrill Is Gone”とか9. “I Wish You Peace”も好きだったなあ。この手の音の話で盛り上がった、一緒にバンドをやっていた友の顔を思い出す。彼が亡くなってもう10年以上が経つんだな。

  1. One Of These Nights
  2. Too Many Hands
  3. Hollywood Waltz
  4. Journey Of The Sorcerer
  5. Lyin Eyes
  6. Take It To The Limit
  7. Visions
  8. After The Thrill Is Gone
  9. I Wish You Peace

これまでのコメント

  1. 調子 千砂 より:

    暇人です
    私もこの一枚、高校生の頃やたらと惹かれて聴いてばっかりでした。最近はブログ書かないんですか?今月中だとケータイにかかるお金が増えないため、集中豪雨のようでごめんなさい。その後お元気ですか?

  2. skyharnor より:

    コメントありがとうございます
    最近のブログは別のサイトに書いてるので、このサイトは更新無しのままで維持です。ワタシがこのアルバムを聴いたのは、上にもある通り大学入ってからでしたね。

コメントを残す


一 × = 4


*

メニュー