James Taylor, “Mud slide slim and the blue horizon” (1971)

こんな長い正式タイトルだったと今更知った私。しかし、間違いなく名作なのだ。なんといってもこのアルバムで一番好きなのが、“You’ve got a friend”だ。Carole Kingの曲で、上に書いたように彼女も自身のアルバムで演じているけれど、私はこのJames Taylorのフィンガーピッキングのギターと、ボーカルの方が好き。バックボーカルにJoni Mitchellがクレジットされてるのがちょっと驚き。

タイトル曲の“Mud slide slim”も、この時代のものとは思われない洗練された曲。ピアノとバックボーカルでCarole Kingが参加している。“Hey mister, That’s me upon the jukebox”もカントリーっぽさを出しながら、ギターとベースラインが洗練されていて絶妙の仕上がり。

余談ながら、“Riding on a rail road”での、Banjo: John Hartford, Fiddle: Richard Greeneというのが、ブルーグラス上がりの私にとっては感動もの。

  1. Love Has Brought Me Around
  2. You've Got A Friend
  3. Places In My Past
  4. Riding On A Railroad
  5. Soldiers
  6. Mud Slide Slim
  7. Hey Mister, That's Me Up On The Jukebox
  8. You Can Close Your Eyes
  9. Machine Gun Kelly
  10. Long Ago (And Far Away)
  11. Let Me Ride
  12. Highway Song
  13. Isn't It Nice To Be Home Again

コメントを残す


8 − = 零


*

メニュー