Chantal Kreviazuk, “Under These Rocks And Stones” (1996)

久々に引っ張り出して聴いてみると、なかなかすごい人です。優れた女性SSWを輩出しているカナダの出身で、これがデビューアルバム。1. “God Made Me”を聴くと、「オルタネだねえ。ぶちぎれ加減が足りないAlanisかねえ」とか思うのだが、一転してきれいな音の運びの2. “Surrounded”なんかが続いたりすると、「こいつ、すごいかもしれん」と思わされるのだ。3. “Don’t Be Good”あたりにはLisa Loebっぽい自由さを感じてみたり。6.“Imaginary Friend”, 10.“Actions Without Love”もいいバラードだ。こうやって聴きなおしてみると、(Joni MitchellとかRickie Lee Jonesほどではないにしろ)音楽性の幅広さに驚きの一枚。二作目以降をなぜフォローしていなかったのかとひたすら後悔、私的CD want listの筆頭に一気に躍り出ました。

  1. God Made Me
  2. Surrounded
  3. Don't Be Good
  4. Believer
  5. Grace
  6. Wayne
  7. Imaginary Friend
  8. Hands
  9. Disagree
  10. Co-Dependent
  11. Green Apples
  12. Boot
  13. Actions Without Love

コメントを残す


− 8 = 一


*

メニュー