アンナ・バナナ, “Sing Selah” (199?)

同じ歌い手さんなのに、曲のプロデュースでこんなにもつまらなく聞こえるのか?っていう、妙な感動(失望)があります。”Sing Selah”だけは、まあまあいい曲ですよ。

  1. 野性の音
  2. KA-CHI-KAN
  3. 批評と現実
  4. TRUE ILLUSION
  5. 金色のペルシャ
  6. ELEVATOR 「GOIN' UP」
  7. SING SELAH
  8. EL SOL Y MAMA -太陽はママ-
  9. HUMAN ANIMAL

コメントを残す


三 + 3 =


*

メニュー