EPO, “DOWN TOWN”(1980)

山下達郎の同名曲をカバーして一躍注目されたデビュー盤。「シティポップス」という懐かしい言葉が頭をよぎる。

1. “down town”は同時代人の間では「ひょうきん族のエンディング」で話しが通じるだろう。40歳を過ぎてから好きになってきたのが5.「語愛」。

 

  1. DOWN TOWN
  2. 約束は雨の中
  3. クラクション
  4. 日曜はベルが鳴る前に
  5. 語愛
  6. ポップ・ミュージック~DOWN TOWN
  7. アスファルト・ひとり・・・・・・
  8. 言い訳はしないけど
  9. 水平線追いかけて
  10. 珈琲タイム

コメントを残す


− 1 = 四


*

メニュー