EPO, “SuperNatural” (1989)

ごめんなさい。私にとっては、どうにも誉めようのないアルバムです。「母の言い分」は、その後の“Soul Kitchen”中の“bleeding heart”に繋がる母子葛藤に関する曲で、彼女にとっての重大問題のようだ。この時期というのは、おそらく「業界的に作られた洗練された音のEPO」から「自分らしい音を出せるEPO」への過渡期だと言えるのだと思うのだが、もがきながらこの時期を乗り切っていったことが、今の素晴らしさに繋がっているように思う。

彼女の公式ページにある、このアルバムに関するさらりと書かれたコメントを読んで欲しい。

  1. Everybody knows
  2. うさぎがはねた
  3. Seven little hours
  4. チクタク
  5. 本当の色
  6. Why
  7. いろんな国で暮したい
  8. 矛盾の中で生きてる
  9. Never alone
  10. 母の言い分
  11. SuperNatural
  12. Everybody knows

コメントを残す


四 − = 2


*

メニュー