白井貴子、”BOB” (1990)

決していい出来のアルバムとは思わないが、白井さんを語る上では欠かせない転換点となる一枚。音楽ビジネスに疲れた白井さんは、ギターの本田さんと、80年代後半にロンドンで一年余「充電」生活を送っている。このあたりのことは、公式サイトのプロフィールを参照されたい。この充電期をはさんで制作されたのがこのアルバム。一部のエンジニアリングはロンドンで行われている。

ロックンロールっぽさが薄れて、ロックっぽくなったという感じだろうか。ボーカルで中音域を効果的に使うようになった、1. 「DREAMIN'(夢見る想い)」、後にアルバム”HANA”に再収録されることになる5. 「野生のマーガレット」あたりが印象に残る。

  1. DREAMIN'(夢見る想い)
  2. Naughty Boy
  3. キッスで仲良し
  4. 恋のup+down
  5. 野生のマーガレット
  6. Lovely Drive
  7. 輝きは草原の中に
  8. BOB大作戦
  9. 1人ぼっちのRadio Star
  10. ガラスの天井

コメントを残す


− 5 = 四


*

メニュー