白井貴子、”French Tough” (1991)

これもある種、中途半端な時期の作品。方向転換したまだ自分を受け入れきれていないというか、のたうちまわっている感じが残っているような印象を受ける。まだ、「深み」には至っていない感じですかね。

1. “夕焼けのバラード”は無難な曲。この時代、キーボードとかピアノとかドラムって随分硬い音に録っていたんだな。2. “Love Forever”は結構好きな曲。使っている声域の問題だろうか、落ち着きが感じられるのだ。5. 「みんなあなたのせいよ」は、好きな感じのミディアムテンポのロックバラード。9. 「レクイエムの聴こえる坂道」も結構いい曲なんだけど、今の時代の感覚で言うと、裏のシンセが余計なところでうるさい感じはしますかね。

  1. 夕焼けのバラード
  2. Love Forever
  3. My Success
  4. 鏡の中のワーキング ガール
  5. みんなあなたのせいよ
  6. いつか見たあの青い空
  7. VOGUE
  8. Kiss of Winds
  9. レクイエムの聴こえる坂道

コメントを残す


九 + = 13


*

メニュー