LANPA, 「水の上のPEDESTRIAN」 (1990)

平松八千代さんが在籍していた、いわゆる「イカ天バンド」の一つ。あの番組としては異色な大人系バンドだった。最も印象に残っていたのは、タイトル曲でもある、2. 「水の上のPEDESTRIAN」。CDを当時保有していたわけでもなく、ほんの数回しか聴いたことがなかったにも関わらず、このメロディーの運びは覚えていた。あらためてCDで聴いてみると、アレンジが泣きそうなほどつまらないのだけれど。他には、1. “LOCH SENU”なんかを聴くと、なんかPat Methenyっぽいなあ、ということがいきなり頭をよぎる。彼がこの曲で求めた音の拡がり感がメセニーっぽいものだったんだと思うのだけれど。あとは、10, 「あの時の私達は」あたりもいい曲かな、と思う。これにはFleetwood Macあたりが思い起こされるかなあ。正直なところ、全体的にはそれほど面白いアルバムではありませんでした。

しかし、八千代さんのボーカルは、この作品ではまだちょっと不安定が感じられる。Soyの時代に向けて歌唱力がすごくアップしたんだな、と感嘆。

  1. LOCH SENU
  2. 水の上のPEDESTRIAN
  3. RANDOM POLE
  4. JELLYFISH
  5. NOW BE QUIET
  6. サディスティックな鳥のように
  7. 大地に雨
  8. MOONLIGHT MADNESS
  9. 記憶の森
  10. BLUE OYSTER
  11. あの時の私達は

これまでのコメント

  1. ランパの大ファン より:

    Unknown
    で、、何を思い出したんや?好き勝手なこと書きやがって。。。

コメントを残す


+ 九 = 11


*

メニュー