Silje, “Tell me where you’re going” (1990)

デビュー盤。邦題は「やさしい光につつまれて」。Pat Methenyが一曲だけだが参加しているというのでふらふら買ってしまったのだが、一曲目の“Tell me where you’re going”からいいアルバムに当たったと感じさせられた。“Roundabout”もバックのアレンジが気持ちのいい音になっている。“Faces”は、Joni Mitchellからの影響がもろに感じられる一曲。

なんといっても秀逸なのが、Pat Methenyがel.&ac. Gtrを弾いている“Tell me where you’re going”の別テイクであろう。Siljeのボーカルは、ファルセットから地声に戻るときが、何とも言えずセクシーなのだ。ほんと単純に生理的な理由で引き付けられてしまう。

Patのギターも、単純だが印象深いハーモニクスから入り、12弦での開放弦を絶妙に使ったコードカッティング、エレクトリックによるソロと、絶妙すぎる。いまだに良く聴く曲です。

  1. Tell Me Where You're Going
  2. Fall
  3. Roundabout
  4. The Middle Of Love
  5. MoVe Along, Ruby
  6. The Meter's Running
  7. Welcome To Another Day
  8. Faces
  9. Louie, Come Back
  10. For Tomorrow
  11. Tell Me Where You're Going (Featuring Pat Metheny)
  12. Marlena
  13. Waltz For You

コメントを残す


+ 一 = 8


*

メニュー