The Pretenders, “PRETENDERS II” (1981)

非常に好き。“The Adultness”はminor系の曲にも関わらず、珍しくお気に入り。“I go to Sleep”を聞くと夜のPhoenixを車で走っている自分を思い出す。“Talk of the town”はPretendersの曲の中でも最も気に入っている曲で、ギターがまたいいのだ。“Pack it up”,“Day after day”“The English Roses”も同様の理由で大好きな一曲。ギターバンドとしてのPretendersの頂点となるアルバムであると私は思う。このアルバムが出た後に、ギターのJames Honeyman Scottはこの世を去ってしまったのである。

  1. The Adultress
  2. Bad Boys Get Spanked
  3. Message Of Love
  4. I Go To Sleep
  5. Birds Of Paradise
  6. Talk Of The Town
  7. Pack It Up
  8. Waste Not Want Not
  9. Day After Day
  10. Jealous Dogs
  11. The English Roses

コメントを残す


+ 一 = 5


*

メニュー