Joni Mitchell, “Night Ride Home”(1990)

Thomas Dolbyが参加していることで当時は話題になったと記憶している。その他のゲストもMichael McDonald, James Taylor, Steve Lukather, Wayne Shorterと豪華なもの。音的には前作の傾向を引き継ぎ、シンセベースが多用されたりと80年代風である。タイトル曲の“Dog eat dog”“Impossible Dreamer”などが好きだが、歌詞はハードなのである。

  1. Night Ride Home
  2. Passion Play (When All The Slaves Are Free)
  3. Cherokee Louise
  4. The Windfall
  5. Slouching Towards Bethlehem
  6. Come In From The Cold
  7. Nothing Can Be Done

コメントを残す


− 8 = 零


*

メニュー