Julia Fordham, “Falling Forward” (1994)

まるで80年代のJoni Mitchellじゃないか、と思ったら、(当時の)Joniの旦那のLarry Kleinプロデュースだったという一枚。また、声質も似ているのだ。この人の声には特徴があって、好き嫌いも激しく分かれるようだが、僕は好きだな。

1. “I Can’t Help Myself”、8. “Love & Forgiveness”あたりが、特にJoni Mitchellっぽいつくり。タイトル曲の3. “Falling forward”のさびのあたりはすごい。9. “Honeymoon”は、ピアノ(+うっすらストリング)のバックに、圧倒的な歌唱力で歌いこんでくる曲で、素晴らしいのだ。6. “Different Time, Different Place”あたりも好きかな。アルバムを締める11. “Safe”も素晴らしいバラード。

  1. I Can't Help Myself
  2. Caged Bird
  3. Falling Forward
  4. River
  5. Blue Sky
  6. Different Time, Different Place
  7. Threadbare
  8. Love & Forgiveness
  9. Honeymoon
  10. Hope, Prayer & Time
  11. Safe

コメントを残す


四 × = 24


*

メニュー