James Taylor, “at Christmas” (2006)

“Winter wonderland”, “Jingle Bells”, “Santa Claus is coming to town”, “Auld Lang Syne”(蛍の光)などの定番も入ったクリスマスアルバム。ジャズっぽいアプローチに、Jamesのアコースティックギターが絡むつくりの曲が多い。

Joni Mitchellの“River”を取り上げているのに興味を持って購入したのだが、歌詞こそ同じものの、コード解釈やメローディーラインの取り方がJoniのオリジナルのとはかなり違って聞こえて、「こうなっちゃうのかな?」というのが正直な感想。

“Baby, It’s cold outside”はNatalie Coleとのデュエット。これはなかなかよろしいです。

  1. Winter Wonderland
  2. Go Tell It On The Mountain
  3. Santa Claus Is Coming To Town
  4. Jingle Bells
  5. Baby, It's Cold Outside
  6. River
  7. Have Yourself A Merry Little Christmas
  8. The Christmas Song (Chestnuts Roasting On An Open Fire)
  9. Some Children See Him
  10. Who Comes This Night
  11. In The Bleak Midwinter
  12. Auld Lang Syne

コメントを残す


2 + 五 =


*

メニュー