The Pretenders, “Get Close” (1986)

ちょっとPOP色が強いけど、これもお薦め。ジャケットのChrissieのTelecaster姿がかっちょいい。ヒットした“Don’t Get Me Wrong”が好きなのだ。シンセの音に違和感を覚えたりもするんだけれど。“My baby”のイントロは、いかにもプリテンダースのケルトっぽい音使い。“When I change my life”は、ストリングが印象的。George MartinがプロデュースしてたころのAmericaっぽい音。 “Chill Factor”“Hymn to her”はChrissieが本領発揮するロックバラード。

 

  1. The Adultress
  2. Bad Boys Get Spanked
  3. Message Of Love
  4. I Go To Sleep
  5. Birds Of Paradise
  6. Talk Of The Town
  7. Pack It Up
  8. Waste Not Want Not
  9. Day After Day
  10. Jealous Dogs
  11. The English Roses

コメントを残す


六 + 1 =


*

メニュー