Maria Mckee, “You Gotta Sin To Get Saved” (1993)

“I’m gonna sooothe you”からギターのオーバードライブのトーンが心地よいロックンロール。“My lonely sad eyes”“Why wasn’t I more grateful (when life was sweet)”は、60年代後半のカントリーロックっぽい曲。気持ちよいね。“My girlhood among the outlaws”はすごいロックバラード。文句なしの名曲。

“Only once”“Precious time”は、泥々のカントリーチューン。“I forgive you”あたりの高音でのシャウトは、Janis Joplinの影響かな。“I can’t make it alone”も心地よいロックナンバー。

総じて外れのないロックンロール色の強いアルバム。こういうゴツゴツした音作りのアルバムは結構希少価値があり、お奨めの一枚。

  1. I'm Gonna Soothe You
  2. My Lonely Sad Eyes
  3. My Girlhood Among The Outlaws
  4. Only Once
  5. I Forgive You
  6. I Can't Make It Alone
  7. Precious Time
  8. The Way Young Lovers Do
  9. Why Wasn't I More Grateful (When Life Was Sweet)
  10. You Gotta Sin To Get Saved

コメントを残す


九 − 4 =


*

メニュー