Sara K., “Play on words”(1994)

黒っぽい音への傾斜が打ち出されている感じがする。“Stop those bells”なんかは完全にブルースだし、“If I could sing your blues”なんかはチック・コリアの”Spain”に影響を受けたと思われるようなJazzだし。それでもやっぱり、あくまでCheskyの音なんだけど。ジャケットの裏には四弦ギターなる不思議な楽器を持つSara K.が写っているのだが、気になるところだ。

  1. Horse I Used To Ride
  2. Stop Those Bells
  3. If I Could Sing Your Blues
  4. Turned My Upside Down
  5. Maritime
  6. Wouldn't It Be Loverly
  7. Man-Child
  8. Burnin' Both Ends
  9. Second Wind
  10. History Repeats Itself

コメントを残す


8 − = 六


*

メニュー