Matthew Sweet, “100% fun” (1995)

冒頭の“Sick of myself”のいかれた歌詞に、まず一撃を食らわされる。いいアルバムなのだとは思うけれども、どうしても“Girlfriend”には見劣りしてしまう、という感じだろうか。“We’re the same”を初めとして、アレンジとしてもよく練れていて職人技としてはいいのだけれども、ボーカルの切れがどうも悪くなっているようのが決定的なのかな、と思う。ミキシングのせいかもしれない。

 

  1. Dinosaur Act
  2. Devil With The Green Eyes
  3. The Ugly Truth
  4. Time Capsule
  5. Someone To Pull The Trigger
  6. Knowing People
  7. Life Without You
  8. Intro (To Part 2)
  9. Ugly Truth Rock
  10. Do It Again
  11. In Too Deep
  12. Reaching Out
  13. Falling
  14. What Do You Know?
  15. Evergreen
  16. Genie (The Second Coming)
  17. Swan Song

コメントを残す


5 − 四 =


*

メニュー